共感コミュニケーション

やんばる旅行記 東村高江へ ヘリパッド建設の地へ

ブロッコリーの森
LINEで送る
Pocket

東村高江 沖縄の基地問題の最前線、エッジにある場所。
行きたいと思いながら、実現していなかった場所へ。

地元で育ち暮らし、家族も基地問題、平和や環境運動に関わる友人がガイドしてくれる貴重な機会。

友人の運転で観る、やんばるの景色。
懐かしい、帰って来たという感じがしたが、どこも現世で観るのは初めてのはずだ。
前世か未来の景色なのかなあ、なんて思いながら、あっという間に到着。

IMG_0923

やんばる 高江の位置。 
着いたらテントで受付すると、色々説明してくれる。

IMG_0925

やんばるとは、沖縄本島北部の豊かな森に囲まれて地域で、ヤンバルクイナやノグチゲラなど固有種や絶滅危惧種など様々な生物が生息している。
そして高江は人口150名ほどの集落で。ここに総面積7800ヘクタールの北部訓練場がある。
ここは米軍の世界で唯一のジャングル戦闘訓練 ゲリラ訓練場だという。

現在、22箇所のヘリパッドがあり、2007年から6箇所のヘリパッド建設が始まっている。

高江ヘリパッド建設はSACO合意による基地返還で、返還される場所のヘリパッドの移設名目での新規建設で、
オスプレイ配備、水源地の汚染、生物多様性の森の破壊、など様々な問題がある。

詳しくは、以下のサイトを読んでみてください。
やんばる東村 高江の現状

高江での反対運動のガイドライン。

平和って何だ? 非暴力って何だろう?

ガイドライン

美しい森はブロッコリーの森ともいう。

ブロッコリーの森

24時間反対運動のテントがある。

IMG_0932

IMG_0933

IMG_0934

写真では撮影していないが、基地の門の中と外にたくさんの警備員 20人くらいが無言で炎天下に立っていた。
ALSOKという警備会社に雇われた人たち。

高江基地建設は当初予算を大幅にオーバーしているのは警備費用だという。

基地の前で対峙している座り込みやテントの反対住民と、警備員、どちらも敵ではないし憎しみもない。

炎天下での警備という過酷な仕事で得られるものは何んだろうか?修行?

基地問題は対峙しているこの場所で起きているわけではない。

平和のニーズはどうやって満たされるのだろうか?

NVC 非暴力コミュニケーションが必要なのは、共感が必要なのは基地で働いてお金を得ている人たちかもしれない。
自分が感じている希望は、どうやって届けるのだろうか?

消化できない気持ちは、どこへ向かうのか。

沖縄 やんばるトリップ july-2017 Day1 序章

やんばる旅行記続来ます。

やんばるの森の自然農園を見学させてもらった

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*