コラム

ルーミーの「愛の詩」が素敵すぎるから紹介したい! 

LINEで送る
Pocket

1e2b3a0e61d67d534450c5353a0a0a41_t

 

”Beyond ideas of right doing and wrong doing, there is a feild. I’ll meet you there.” 

”いいとか悪いとかの観念の向こうにある世界がある。

あなたとそこで会おう”

ジャラール・ウッディーン・ 

ルームーは、イスラーム神学、スーフィズム の神秘主義詩人。

ルーミーの詩があまりに美しくて、心が惹かれた。

この詩を知ったのは、NVC 非暴力コミュニケーションを学びはじめてNVCの本に書いてあった。

すべての人に薦めたい本「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」に新版がでた

この世界は、「正義」と「悪」、 「良い」と「間違っている」、 常に何かを評価している。

その評価は、誰かの目線による相対的な評価。 常にその評価を気にしている。

学校での成績、スポーツの勝敗、学歴、就職先。

その評価の先にあるのか勝ち負け。 人生に勝ち組、負け組とつけ、負けても再チャレンジとかいう。

スポーツの世界を見れば、永遠に勝つチャンピオンはいない。 ど

んな栄華もいつかは衰退する。

勝者がいれば敗者がいる。

ルーミーの詩の世界、善悪とか思い込みでしかない観念を超えた世界。

そこにあるのが、普遍な愛の言葉。 評価しない。

ジャッジをしない世界。 固定観念、思い込みを手放した先にあるの愛の世界。

心が震える。 「ルーミー 愛の詩 」 本のなかの絵もとても美しい。 そして何よりも詩が美しい。

和訳された詩をひとつだけ紹介します。

善いとか悪いとか そんな観念を超えた場所がある

そこであなたと出会う

その芝生に魂が横たわるとき

世界は言葉では語り尽くせない

観念も言葉もどんな名言も 何の意味もなさない

この瞬間 この愛が 私のもとへ安らぎに来る

ひとつの 存在のなかに

多くの存在が訪れる

ひと粒の麦のなかに 千

束の干草 針の目の内側に星々が輝く夜

 

ルーミー ありがとう。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙(みそら)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャー。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってNVCやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*