秘教の心理学 心と身体 呼吸について

秘教の心理学 ヨーガ

近年、インドの神秘家で覚者として知られるOSHOの本を好んで読んでいる。

リシケシでTTC受けたヨガビニのアシュラムでもOSHOの写真が飾ってあって、インドではやっぱ有名な人なんだなって思った。

OSHOの書いた本は、たくさん日本語に訳されたものもあるが、本によっては同じ内容がかぶっていたりで、何を読むか迷うことがあるが、タイトルに惹かれて去年買った本、「秘教の心理学」

気になるが、どんな感じか、Amazonのレビューはひとつもなかった。

本の説明はこんな風に書いてある。

七つの身体の超越! ハタ・ヨーガ、マントラ・ヨーガ、バクティ・ヨーガ、ラージャ・ヨーガは、どのような身体レベルで役に立つのか? グルジェフがはたらきかけようとした身体レベルとは? 禅やクリシュナムルティに代表されるノーメソッドは、どのようなときに障害となり、どのようなときに助けとなるのか? 神秘家としての和尚が、探求者の質問に答えながら、進化、瞑想の神秘、性エネルギー、クンダリーニ・ヨーガ、七つの身体、7つのタイプの夢と現実などを縦横無尽に語った講和集。発行元:瞑想社。

 

タイトルは心理学だが、この説明だけ読むとOSHOがヨーガについて語っているのだろうか?

ということで買ってみた内容は、

第1章は、「内なる変革」

第2章は、「瞑想の神秘」

おそらく瞑想について、この人ほど語っている人はいないんではというくらいにOSHOは、あらゆる本で、動画で瞑想について語っている。

第3章は、「セックス、愛、祈り」

セックス、性エネルギーについても、OSHOはいろんなところで語っている。

性についての話はとても興味ふかいし、とても大事なんで、どっかで触れたいと思うが、それは別の機会で。

第4章は、「クンダリーニ・ヨーガ」

クンダリーニとは何かとかについても書いてあるが、とても気になることがあったので、メモをとってみた。

体と心について、呼吸について書かれている箇所だ。

人は体と心の両方にはたらきかけなければならない。体はヨーガ的な方法論によって、心は気づき(アウェアネス)によって修練されるべきだ。ヨーガを修練するとものごとはより微細になっていくため、さらに気づきが必要になる。あなたが怒っているとすると、それはとても粗大なため、ふつうはそれに気づくことができる。だがプラーナヤマを修練すると、怒りに気づくためには、より大きなアウェアネスが、より鋭い感受性が必要になる。さもないとただ粗大なものに気づくだけだ。粗大なものを変えても、微細なものを変えないと、あなたはジレンマにおちいる。いまや葛藤は新しいやり方で自己主張してくるだろう。

ヨーガは役立つが、それはひとつの部分にすぎない。別の部分とは仏陀が「留意 mindfulness」と呼んだものだ。肉体がリズミカルで内面の動きに協調するようにヨーガを修練し、そしてそれと同時に留意(マインドフルネス)を経験しなさい。

呼吸に留意(マインドフルネス)しなさい。ヨーガにおいては、あなたは呼吸のプロセスを変えなければならない。留意(マインドフルネス)においては、そのままの呼吸に気づいていなければならない。ただそれに気づいていなさい。呼吸に気づいているようになれば、思考のプロセスに気づいていられるようになる。でなければ、それは不可能だ。

 思考にプロセスに直接気づくようになろうと試みる人は、それができないだろう。それは非常に骨がおれ、あきあきする。呼吸は心の扉だ。もし一瞬のあいだ呼吸を止めるなら、思考もまた止まる。呼吸が停止するとき、思考のプロセスも停止する。あなたの考えが無秩序なら、呼吸も無秩序になる。呼吸は思考のプロセスを同時に反映している。

仏陀はアナパーナサティーー入息と出息の気づきのヨーガーーについて語っている。彼は「ここから始めなさい」と言う。そしてそれは正しい始まりだ。人は呼吸から始めるべきであり、思考プロセスから始めるべきではない。呼吸の微細な動きを感じとれるとき、そのときはじめて、あなたは思考の微細な動きを感じとれる。

 思考プロセスへの気づきは心の質を変える。アーサナとプラーナヤマは呼吸の質を変える。すると身体と心がひとつになり、どんな葛藤もない瞬間がおとずれる。身体と心が同調するとき、あなたは身体でも心でもない、あなたははじめて真の自己(セルフ)として自分を知る。あなたは超越する。

自分なりの理解では、体と心の両方の気づきが同時に必要で、思考に気づくには呼吸への気づき、マインドフルネスの重要性を言ってと思う。

ヨーガをやっていて、心への気づきが必要だと思っていて、NVCを学んでいて、身体への気づきが心に気づくことだって感じていて、両方をバランスよく合わせていけたらって思って、最近ワークショップの企画をはじめたところで、この本を読み直したら書いてあったので、グッドタイミングだった。

この本、他の章も「夢の心理学」とか、興味深い内容がけっこうある。 OSHOって怪しそうって思う人でも読みやすい本ではないかな。

 

2018年インド リシケシ旅行記

タイトルとURLをコピーしました