コラム

共感から狂感へ。 共生から狂生へ。 生きる命のエネルギーを感じて。

26166499_10208327137455134_232880255991971170_n
LINEで送る
Pocket

最近、ブログ更新が少なくなってきた。

グレゴリオ暦の2017年も終わりが近くなってきた。
狂ったようにNVCと共感ざんまいの年だった。

4月に6日間のNVCアクティビスト合宿で、パッカーンって感受性のウィンドウが開いて
自分の繊細さに気づいた。

NVCアクティビスト合宿 共生革命リトリート@PAWAに参加してきた!

7月には、日本のNVCの第一人者である3人と、やんばるで過ごすという体験ができて、嘆きを聴いてもらった。

沖縄 やんばるトリップ july-2017 Day1 序章

そして10月に国際集中トレーニングを受けて、共感の海に浸り、感情が開きまくる!

NVC Japan IIT 2017 国際集中トレーニング参加の振り返り

ワークショップに参加したのは、合計17日と多くない。

自分でやったワークショップが、石垣島、那覇、鎌倉、世田谷で合計13回とオンラインで2回。
それと、IIT参加の仲間でNVCの本を使ったワークショップを連続企画で行い、現在も第3期を継続中。

インプットだけでなく、アウトプットすることで、成長曲線は一気に上昇する。

さらに、オンラインで共感サークルは10数回に、エンパシーバディとの電話やオンライン直接会っての共感も数えていないが、10数回やっていたと思う。

こうやって機会が増えると人に聞かれるので、説明する機会が増えていくというプラスなスパイラルが起きる。

さらに、共感の個人セッションも初めて数人にエンパシーした。 

2018年はオンラインでのワークショップと個人セッションも増やしていくつもりでいる。
個人セッションは繋がりのある友人限定でやっているけど、友人以外にも受付るようにしようと思う。

NVC三昧な一年の中でももっとも大きかったことは、自分の世界に対する感じ方、見え方がガラリって変わったことだ。

それについて、少し書いたのが、気がついたら一ヶ月すぎていて、そこから一ヶ月でさらにいろんな変化があった。

私とあなたの痛みに出逢い変容する旅 自分を生きること

自分の心の様々な痛みが出てきては手放す日々。
これでもかってくらいに、たくさんの痛みが出てきた。

共感しようって意識しなくても、友達と話したりしたら、歩く受信機みたいにいろいろ反応しまくり、
勝手に共感して、痛みが出てきて狂感へ。

そして、狂うほど共感して、エネルギー溢れていく。
他人と自分の境界線もなくなりエッジはまるで狂界線状態。

友達には第3の目が開いたって言われたが、まるで全身が眼のように、五感は敏感になり見えない世界が見えるような感覚になった。
特に霊とか宇宙人と出会うとかではなく。

最近は、ようやく自分の感受性の状況を把握する方法知った。
匂いとか、味覚とか、音とかに対しての感覚が普段より敏感だと感情も開いている。
状況がわかれば、意識的に閉じる感じて感度が下げられるということもわかった。
まさに開閉自由自在になってきた。
って言いたいところだが、人の話を聴いていたり、瞑想したりしていると、開いてくる感覚がある。

感受性が開くと心の痛みが出やすくなり、出ては手放すというのを繰り返した。
手放すとエゴが溶けて自由になるような気がした。
痛みがあるが、気持ちよかった。
まるで宇宙を旅したかのような神秘的な体験だった。

今ここにすべてある。
世界は無であり、全部ある。内も外もない。

ただただ満ち足りて、溢れてくる世界。

その奥にあったのは、ドロドロとマグマのように溢れてくる
命のエネルギーが流れていた。

情熱、激しさ、流れ、活き活きさ、正直さ、
そして生々しさ、艶めかしさ、生きる美しさをただただ、思いっきり体験したいんだって思った。

結局のところ、何かを言ったり、思ったり、感じたり、行動したり、
何をしても、しなくても
全部ひっくるめて、ひっくるめなくても、丸ごとオッケーだった。

痛みを手放そうが、大事にしまい込もうが、
今ここにある自分に繋がって生きようが
他人に引っ張られようが
エゴ丸出しだろうと
みんな、魂が幸せになるため選んでるんだ。

共感から狂感へ。
共生革命家から狂感革命家へ。

2018年へ向けて旅は続くのだ。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙(みそら)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャー。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってNVCやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索