共謀より共感へ。不安や恐怖から、あなたと私の大切が大切にされること。

コラム

共謀罪
テロ等準備法案。
現代の治安維持法とか言われている。
国会で通ったことでの不安な声が、SNSなどでたくさん見た。
いろんな意見あるが、権力が力を持って国民を監視したり、簡単に逮捕、拘留するような社会が来てしまうのではないか? という恐れを感じている。 
そんな世界へ突き進んでしまう法律だと思って不安になっている。

その不安な気持ち、自分もちょっと前まではそうだったと思う。
ちょっと前までというのは今は違うのかっていうと今も不安や恐れはあるが、違うのは今は不安や恐れがどこから来ているか、自分に繋がれるってことだ。

どこから来ているのか、人が誰もが大切される社会でありたい、自由を大切にしている、思いやりのある世界でありたい、他にもあるが、自分が大切にしていることが大切にされていないって思うことから。

そう思うと不安ではなくて、自分が満たされていない。
怒りや悲しみと様々な感情が共にある。

共謀なんてしないし、
したいことは共感だ。
あなたと私の大切が大切にされること。

前回、この世界からなぜ対立がなくならないのか?って話をブログで書いた。何で世界から争いがなくならないの? 対立の根源は何だろう?

対立の要因のひとつは、不安や恐怖に支配されたシステムのなかにいる。

原子力発電所を作るのも基地を作るのも不安や恐怖から。
一方で基地や原子力発電所に反対する理由も不安や恐怖から。
不安や恐怖には、その奥に大切にしているニーズがある。

不安や恐怖が理由で、行動するときより
その奥に大切にしているニーズに気づいて行動するときに
選択肢は広がり、エネルギーが溢れて来る。

不安や恐怖っていうのは、今存在しないものなんだ。
過ぎ去った過去や、まだ来ていない未来へ意識がいっている。

今の自分ではないものに意識がいっているから、自分にエネルギー パワーがない状態。

今の自分がなにを大切にしているのか気づいている状態は
自分が自分である、自分と繋がっているから、自分にエネルギーがある。

どんな法律ができても
支配者がいても
誰も本当は支配はできないし
今この瞬間しか生きられないんだ。

自分は気付いているが、他人は気付いていないって思った瞬間に
新たな敵と対立をうむ。

みんなの絶望に嘆こう。

そして、今この瞬間を生きていることに祝福しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました