コラム

自然を大切にするには、自分を大切にすることからだと思う!

海
LINEで送る
Pocket

地球を大切にとか、自然を大切にしましょうということは、まずは自分を大切にすることからだと思う。

「ゴミをポイ捨てしたらいけない。」
と今の社会では言われているが、
ゴミを捨てることがいけないのではなく、ゴミが自然に還らないことが問題で
自然に還らないものを生産している。

現代社会では自然界になかったさまざまな化学物質が日々産まれている。
遺伝子組み換え GMO製品とかは、その代表でもある。

便利だし、さまざまな化学物質を身体に入れている。
でも、それ本当に安全なんだろうか?

多くの人が忘れていないだろうか。
自分にとって一番身近な自然は自分自身だということを。
自分の一番身近な自分を大切にできなかったら、地球を大切にはできないって思う。

ということでボクは最近は、もっぱら自分の心身を整えて調和することがテーマのひとつです。

世間ではゴールデンウィークという大型連休のなか、
いまのボクにはほとんど関係なく、そこに自分が影響されることがほとんどない。
もちろん来年はわからない。

毎日の満潮の時間のチェックを忘れずに、
波があって時間があって、自分の心と身体がサーフィンしたいと思ったらサーフィンする。

毎日の食事

ご飯は一日2食。
たまに一食のときもある。

朝食は食べない。
身体から排出する時間。

たいていマヤナッツコーヒーを一杯飲む。

たまに食べたいと思ったらフルーツを少し身体に入れる。

ご飯は基本はヴィーガンで、肉や魚、卵、乳製品は摂取しない。

でも、絶対と決めているわけではなく、たまに人と一緒に食べるときとかは食べるときもある。
自分からすすんでは食べないようにしている。

基本は自分で自炊して外食はあまりしない。
外でお惣菜とかお弁当とかインスタント食品とかも買わない。
白砂糖とか味の素とか化学物質もできるだけ避けるようにする。
最近はグルテンをふくむ食品も減らしている。

ただ、何事も絶対じゃなく、できる範囲。
そのときどきで変わる。
決めつけないようにする。
絶対こうするって決めると自分にストレスを与えるし、他人にもストレスを与えてしまう。

食べるものは無農薬、無化学のオーガニックなものオンリーって言いたいが残念ながら
今はほとんど買っていて、自分ではベランダ菜園で少し育てているだけで、オーガニックな食生活にはなれていない。

僕たちは子どものころ

「好き嫌いなく食べなさい。」と言われて育った。

しかし、現代は何でも食べたら、農薬、化学物質、放射性物質といろいろな自然界には存在しなかった
物質を身体に入れることになる。

まずは食べるものを少しでも変えてみると、見える世界が変わったくると思うんだ。

瞑想とヨガ

毎日少しでも瞑想の時間をとるようにしている。
瞑想をしなくても、瞑想的に生きる。
マインドフルネスに生きるってことを意識するようにしている。

瞑想的にマインドフルネスに生きるというのは、日々の暮らしで今を意識して観察して生きること。

自分を大切にしようと思ったら、まずは自分を知ること。
心や身体を観察すること。

瞑想やヨガをやることは自分を観察して、自分を大切にすることに繋がっていく。

立ち止まって生きること!

熊本、エクアドルでの大地震。

大地震があっても、止まらない、止められない原子力発電。

まるで原発は人間の執着心を現した鏡のように見える。

何があっても止める気がない。

お金、経済とい名のもとに安全や優しさ、思いやりよりも優先されている。

たくさんのお金、たくさんの物を手に入れること。
もっと、もっとと際限がない。
欲望は止まらない。

お金や物が悪いとか否定しているわけじゃないよ。

ボクもお金は好きだし、好きな物を手に入れたら嬉しいし、ハッピーな気分になる。

そろそろ、立ち止まるときが来たんじゃないかなって思う。
クルマで走っていたら、見えない、気がつかない景色も、ゆっくり歩いたら
見えることあるよね。

道ばたに美しい花が生えているのも急いでいたら見逃してしまう。

ゆっくりでいいんだよって思うんだ。

ゆっくりとそして立ち止まること、自分を大切にすること、
自分を大切にすることは自然を大切にすることに繋がってくる。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*