旅行記

世界一のお祭り?タイの水掛け祭りソンクランにチェンマイで参加

ソンクラーン
LINEで送る
Pocket

世界一盛り上がるお祭りのひとつ、
または、ソンクラン。
タイの旧正月のお祭りの水掛け祭りにチェンマイで参加した。
世界でももっとも熱狂的に盛り上がるお祭りのひとつだ。
ソンクラーン目的で行ったわけでなかったが、行った時期がたまたまソンクラーンの時期だった。
スゴすぎる、ヤバいです。

ソンクラーンはタイの旧正月のお祝い

正月といえば、今は日本では西暦 グレゴリオ暦でお正月をお祝いする。
自分が今住んでいる、沖縄の八重山地方では島の人たちは西暦のお正月より
旧暦のお正月のほうが、今でもお祝いとして根付いている。
そして、タイの旧暦のソンクラーンは、「太陽の軌道が12ヶ月の周期を終えて、白羊宮(おひつじ座)に入る時期を祝う」というものだ。

現在はは西暦の4月13日から15日の3日間と決まっている。
自分は旅で行った時期がソンクラーンとは知っていたが正確な日程は知らなかった。
この時期にタイに旅するならソンクラーンの情報は知っておこう。

元々は、仏像を清めたり、ようするにお清めで水をかけていたという。
日本でも神社で手を清めるのときっとルーツは一緒ですね。

それが、近年は見知らに人に水をかける無礼講のお祭りになり、
世界中から観光客がこの時期にやってくる。
暑かったりとか、観光で収入を得るとか、いろんな意味があって、だんだんと盛り上がったんだろう。

もっとも盛り上がるというチェンマイでソンクラーンに参加。

もっとも盛り上がるというチェンマイで3日間、フルで参加しましたー
早いと一週間前くらいから、休んだりでソンクラーンの準備がはじまるという。
2日前の4月11日にチェンマイの北のパーイという街にいたが、ここはまだソンクラーンのムードはなかった。
しかし、バスが走ってチェンマイに向かう途中で、時折バスが水をかけられていた。
やばい、気配を感じた。
そしてにつくと、もう完全にソンクラーンムードになっていた。
翌日の4月12日は前日であったが、もう完全にスタートしている感じで、バイクでチェンマイ郊外へ温泉に行ったが、走っているといきなり水をかけられた。 
まだソンクラーン始まっていないのに。

タイで温泉行った話! チェンマイのドイサケット温泉が気持ちよかった!!

ソンクラーン
水かけ祭りって、桶とかバケツで水かけるイメージだったけど、
使うのは、たいてい水鉄砲。
街のあちこちで水鉄砲売ってるので、参加する場合はできるだけデカクて水をいっぱい入れられるものを購入しよう。
みんな使っている水鉄砲は、鉄砲というよりも水マシンガンか水バズーカ砲とでも言うような大きいのを使っていたよ。
自分は小さい水鉄砲を買ったので、水掛けあったら、たいていやられてましたー

携帯電話などを守るための防水グッズも売ってます。
せっかくだから、写真も撮りたいよね。
合羽とかも売ってますが、安物で一日で破れた。
濡れたくなかったら、ちゃんとした合羽を用意しよう。
でも、せっかくなので、濡れて、水掛け合ったほうが楽しい。

だって、水掛け祭りだからね。

水掛け

逃げる人には大抵の人は水を掛けない。
おそらく、そういう暗黙のルールみたい。
僧侶と警察官にも水をかけてはいけないそうです。
勢い余って水をかけないようにね。
それでも、チェンマイだとチェンマイゲートやターペー門周辺など
盛り上がっている場所に行ったら濡れないのは、無理!
濡れたくなかったら、盛り上がっているとこに近寄らないこと。

水掛けられない場所もあります。

それは、ここ。

IMG_7282

そう寺院。お寺です。
お寺のなかは水掛けられないので、寺院でゆっくりもあり。
しかし寺院はTシャツや短パンで入るのはNGなので注意しましょう。

夜でも水掛け

夕方で水掛け祭りは終了だけど、夜も盛り上がっている人はやっています。
夜ご飯などで出かけるときは気をつけましょう。

いろんなところで、いろいろな儀式とかが行われている。

IMG_7329

本来はこっちがメインなんでしょうね。
それを楽しむ心を持ちたいもんです。

仏像

めっちゃリアルな仏像がチェンマイゲートにいて、びびった。

ソンクラーン期間中は休みが多い

ソンクラーン期間の前後はお休みになるお店も多い。
そしてチェンマイのように盛り上がっている場所は、そこから動きにくくなる。
宿もとりにくくなるので、はやめの行動が必要。
タイ古式マッサージスクールなどもお休みになる学校もあるので、タイで習い事を考えている人も要注意。

ソンクラーン中は、チェンマイを離れるか、お祭りをエンジョイするか、はっきりするといいね。

日本にも水をかけるお祭りはある。
自分が行ったことがあるのは神奈川県の湯河原町での湯かけ祭り。温泉をかける。

旅はトラブル


ソンクラーンが終わると20日間のタイの旅もあと数日に。
Air Asiaのチケットは日程変更が可能で、ピザ切れる30日まで旅を伸ばす誘惑にかられた。
クレジットカードからATMでキャッシングをしようとしたら、なんとカードを機械に飲まれてしまった。
そして、出て来ないというオチ。
他のカードを使おうとしたが、暗証番号想い出せなかった。 もう一枚のカードはキャッシングできないカードだったのを忘れていた。
さらにもう一枚もっていたが、使っていないカードで、使う気がおきず、旅を延長せず帰れってことだと、諦めて帰って、また来ようって思った。
ソンクラーン面白いかった。
ただ、3日間プラス前後数日、めっちゃ長い。

しかし、またいつの日か参加したいって思うのは旅の魅力だね。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*