イベント

8/25開催の石垣島共感カフェとオンラインでNVC読書会!

IMG_0981
LINEで送る
Pocket

現在、沖縄石垣島でのピースキャンプ中。
初日は、NVC (非暴力/共感コミュニケーション)について、50人くらいの多国籍メンバーに話して
かつ、簡単なワークもやった。 
めっちゃ消耗したが、新たな可能性発見。 

さて、NVCの勉強会の告知です。

一つ目は定例になりつつある石垣島での学習会。

8/25(金)開催 共感カフェ@石垣島 Empathy cafe at Ishigaki island vol.5

◎内容
NVC(非暴力/共感コミュニケーション)の練習を中心に行います。
初めての方でも参加できる内容です。
石垣島旅行中の方の参加も歓迎です。

NVC 非暴力コミュニケーションとか、共感コミュニケーションって何って方は、まずはこちらを。
http://atsusurf.com/2017/07/28/whats_mynvcliving/
NVCは家族や恋人など個人の争いから、会社などの組織、国家の争いなど様々な対立の解決手法として注目されています。
「あの人は何でわかってくれないの?」とか「私ってダメな人だ。」など他人や自分への非難を解決する手法として注目されています。

そして、自分の内側の意識の変容、生き方を変えていきます、
自分の意のままに相手を動かそうとするのでも、怒りや悲しみなどの感情を封じ込めて、ニコニコして我慢するのではなく、心からの歓びから与えあう関係性の質を育むことを目指しています。
人間関係をよりよくしたい、社会の問題(環境や平和)に貢献したい人にオススメです。

◎ファシリテーター
森野篤(あつし)海宙工房主宰。
2001年から海の環境保護活動に関わり、脱核燃料サイクルやエネルギーシフト、トランジションタウンなどに関わる。
現在はパーマカルチャー、NVC、ギフトエコロジーなどを学び実践している。
問い合わせ先 atsusurf@gmail.com

◎日時:8月25日 (月)
14:00〜16:00
◎場所:カフェタニファ 0980ー88−6352
◎参加費:1ドリンク注文 +ドネーション(自由料金)
参加申込不要
できれば Facebookのイベントページで参加ボタンをクリックしてください。

・参加費はギフト経済のスピリットを実践するためドネーションにしています。
・ドネーションは2017 Japan IIT(NVCの国際集中トレーニング)の
参加費に使われます。
NVC Japan IITのページ http://nvc-japan.net/iit/2017-japan-iit/

NVCの学習会の依頼も受けています。個人ワークや出張もします。
IIT参加のサポートも募集。

2017 Japan IIT NVC非暴力コミュニケーションの国際集中トレーニングへの参加と支援のお願い。
http://atsusurf.com/2017/07/14/2017jiitselffound/
*今回のワークショップはNVC認定トレーナーによる講座ではありません。

「NVC-人と人との関係にいのちを吹き込む法」読書会のお誘い 

自分も企画とサブファシリで参加しているNVCの読書会のご案内です。
全然ファシってないですが。。。
第一回目は、会を重ねるごとに深くなってきていて、なかなかのご評判です。

(この機会は3回連続ですが、単発参加も可能です。)

共感的なコミュニケーションって?

–いまだに満たされていない共感のコップは、何歳になっても共感を注ぐことで満たされ、相手にも注ぐことができる(安納 献さん)

–「NVC–心の底から与えるよう導くコミュニケーションの方法」という説明の前提に、「NVCを使い、心の深いレベルで自分が何を必要としているのか、人が何を必要としているのかに耳を傾けると、相手との関係を新しい視点から理解できるようになる」(共に本書翻訳から引用)があります。

–「どのようにコミュニケーションをとれば、つまりどのように話をしたり聞いたりすれば、自分たちに本来そなわっている力–人を思いやろうとする気持ちを引き出せるのか、心の底から与えることができるのか」(本書翻訳から引用)
<セルフファンディング>【オンライン読書会 2nd(9/5、26、28)】「NVC・人と人の関係にいのちを吹き込む法」

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*