旅行記

沖縄の観光スポット!那覇の「壺屋やちむん通り」は一日楽しめる!

壺屋通り
LINEで送る
Pocket

沖縄県那覇で、めっちゃ有名な国際通り。そのすぐ近くにある焼き物のまち、「壺屋やちむん通り」。
「 やちむん」というのは、沖縄の言葉で焼き物のこと。

のんびりと、散策を楽しめてめっちゃオススメしたい観光スポットです。
先月、半年ぶりに行って、ゆっくり歩いてとっても愉しかった。

ぼくは、沖縄でも離島に住んでいるので、めったに行けない。

国際通りは、アジアンな大都会って感じだが、壺屋やちむん通りにくると、沖縄の文化に触れられて安心して、のんびりできる。

独特のシーサーが2ついる。 ドラゴンみたい。
竜

「壺屋通り」の大きなガジュマルが安らぐ。

ガジュマル

壺屋焼物博物館

壺屋焼物博物館

壺屋焼物博物館は壺屋に行ったら、ぜひ立寄りたい場所だ。
入館料は、大人315円で大学生以下は当面無料です。
壺屋焼や沖縄のやちむんの歴史や特徴を学べます。
壺屋にあるさまざまな場所を回る前に行くと、先に少し知識がついていいと思う。

那覇市立壺屋焼物博物館 〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋1-9-32
■開館時間
 ・10時~18時(最終入館は17時30分まで)

th_img_4239

壺屋の美味しいご飯はココ

ヴィーガン定食

壺屋は国際通りも近いので、ご飯を食べるところはいっぱいあるが、
壺屋には、ヴィーガン料理などの美味しいお店もあった。

記事も書いているので、読んでみてください。

那覇でヴィーガン料理や精進料理を食べてハッピーだった。

壺屋通り、とっても楽しかったので、那覇に行ったときは立寄り決定な感じ。

沖縄本島旅行記は他に書いてます。

糸満の海人工房に沖縄伝統漁船のサバニを見に行った

パーマカルチャーランドツアー! 恩名村またまた農場を見学!

やんばる旅行記 その1 石垣からやんばるへ。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*