青パパイヤの種をピクルスにして食べたら美味しい♩

Food

南の島の食べ物 パパイヤ。 

石垣島ではフルーツで食べたり、野菜で食べたり使い道はいっぱいある。

民家の庭にも生えているし、道ばたにも自生している。

海の近くにもあるし、御嶽のなかにもあったりする。

パパイヤツリー

南の島のフォレストガーデンには、パパイヤとバナナは放置していても育つ感じで必須アイテムでしょって感じだ。

野菜パパイヤはシーズンだと100円で売ってたりする。安い!

熟したフルーツパパイヤも美味しいが、野菜パパイヤも、けっこう使える。

石垣島は夏のサラダに使う野菜が少ないが、サラダにいれるのもいいし、
炒め物に入れてチャンプルーにするのもいい。

パパイヤと人参と豆腐のチャンプルをスパイス効かせて、辛くすると南国の夏って感じがする。

パパイヤの皮も食べられるが、ちょっとアクがある。

酵素ジュースに使うのもいい。

しかし、ずっと使い道がないって思っていたものがある。

種、パパイヤシード。

フルーツパパイヤの種は熟して黒くなっているので、種取りして、発芽させて使えるが
青パパイヤの種は白くて味が、ちょっとピリってするけど使えないって思っていた。

コンポストに入れて肥料にするしかないじゃんって。

しかし、先日お酢につけて販売しているのを発見した。
味見も出来た。

「マジ! 美味しいじゃん!!」 

美味しかった。

なので、さっそくやってみた。

青パパイヤの種のピクルス。

青パパイヤのピクルス

島唐辛子に泡盛もいれたのもいい感じで、
けっこう美味しくできた。

お酒のおつまみにすると、赤ワインがすすみそうー!

でもね、パパイヤシードよりも、パパイヤの実のピクルスのほうが美味しかった。

ピクルスとか作ると、お酢、お酒、オリーブオイル、塩といった調味料がオーガニックなもの
天然のもの、美味しいもの、地元に近い場所でとれたものを使いたくなる。

そして、それらを少しずつ自分で育てて自給しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました