波乗り

FCS2フィンシステム 波乗り中に外れる!?

IMG_3030
LINEで送る
Pocket

サーフボードのフィンの新システム 着脱ネジいらずのFCS2フィン。

最新のフィンシステムは評価は高いし、最近はフィンの種類も増えてきた。
アルメリックのフィンとかもでている。
しかし、そんななかで、サーフィン中に外れるという評判、噂を聞いたことがあった。

まさか、手で外すのもコツあるし、サーフィン中に外すのと同じタイミングなんて、ありえないし
まさか外れないだろうって思っていた。

FCS2フィンが外れた。

もう、ここまでで勘がいい人は予測つくだろうけど、サーフィンしていて外れてしまった。

前にFCS2フィンを使っていることをブログに書いたけど、そのときは欠点は値段くらいって書いたが
欠点は外れる可能性があることになった。

どんなシチュエーションで外れたかっていうと、ドルフィンするときにリーフが浅いから板の沈め方が
中途半端で、フィンがリーフに当たった感触があって、「やばい、フィン当たった」って思った。
そしたら、裏から見て左側のフィンが見事になくなっていた。

ブログにも書いています。 

フィンが外れるケースはリーフでというのが多いようです。
ビーチブレイクでしかサーフィンしない人は、それほど気にしなくていいかもしれない。

FCS2フィンが外れるのは他のケースは?

Google先生で検索をしてみたら、FCS2フィンが外れたのはボクだけではなかった。

・自分の身体が当たって外れてしまった。

・リーシュコード(パワーコード)が当たって外れた。

などの例があるようです。

FCS2フィンのメリットとデメリット。

もう一回、メリットとデメリットを整理する。

FCS2フィンを使って、乗っていての旧型フィンとの違いは、ぼくレベルの一般サーファーでは全然わからない。
フィンのサイズを変えたとか、トライとクアッドの違いのような明らかな違いはわからない。

新しいもの好きな人には、新しいシステムを使って気分がいいのはメリットと言えるのか?

従来のスクリューでフィンを締めるのと違って、着脱時に片手で板を抑えるのと、外すときにタオルなど布を使わないと手が痛いので、着脱はワンタッチだが、外す時が面倒である。
とは言っても、慣れてくると着脱は楽だ。

フィンが付属でついているグラスフレックスに比べて、パフォーマンスコアのフィンなどの
高級なフィンを使うと外すのが楽。

なので、付属のフィンからグレードアップすることをオススメしたい。
マジで、びっくりするほど違います。

・旧型のフィンを使う場合、インフィルキットを購入してスクリューとアダプタを使って
とりつける。

旧FCS

その場合、結局ネジをつけるから今までと変わらない。

FCS2フィンに旧型のFCSフィンを使用できる!

ネジを使えば、QUADでセンターにナブスターフィンとか使ってとかバリエーションも増える。

☆メリット

・最大のメリットは最初に新しいボードに新しいシステムを買ってつけるのがワクワクしてうれしい。

・慣れてくると着脱が楽。

★デメリット

・外すときに手が痛い
・デフォルトのフィンだと堅い。
・ネジ無しだとフィンが外れてなくなる可能性がある。
・フィン外すとき、フィン飛ばすことがある。

☆結論 
ネジいらず楽だけど、楽ではない。
結局サーファーは楽を考えてはいけない種族なんではないか。
基本ドエムというか苦労して、アクセスが大変なポイントに行ったり、朝日の出前からパドルアウトしたり、面倒なことも引っ括めて波乗りな気がする。
なんだかんだで、結局道具が増えてしまいます。
いずれFCS2フィンだけになればですが、しばらくは併用かな。

FCS2フィンの外れないための対策。

結局、ネジをつけておく。
それしか現段階ではないようです。

最近はFCS社がプロサーファーとかにも、ネジをつけておくことをすすめているっていう話も聞きました。

そして、FCSのフィンシステムもどんどん進化しているので、外れにくいシステムに変わっていくと予想されるけど
現段階では、まだ外れるリスクがあるってこと。

板を買うとき、店置きはともかく、オーダーはまだ旧システムでいいかもしれない。

まあ、でも新しいシステム使っているの気持ちいいんだよね。

自分の好きなフィンを使うのが一番!

ぼくは、ネジをつけて使うことにしました。
ネジは2本じゃなくて、1本でも大丈夫かもしれません。

ネジつけることで旧型使ってフィンの組み合せも増える。

あと自分の場合はリーフの浅いときは、無理してドルフィンでぬけようとしないで、
横にいって回る。
急がば回れ。

さいごに、ぼくの失くしたフィンは翌日、リーフのなかで先輩が発見してくれて無傷で見つかりました。
海のリーフの隙間に落ちているのを発見するなんて、さすがTさん。 
ミラクルな感じです。

ありがとうございます。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*