チェンマイではお寺でタイマッサージがおすすめ

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージ屋さんが、たくさんあるチェンマイのオールドシティ。

滞在中にお寺でのタイマッサージを受けることにハマってしまった。

タイマッサージのサロンは値段もピンからキリまで。 一般的なマッサージ屋さんでのタイ古式マッサージの価格は一時間で、200バーツから300バーツくらいが多く目につく。

だいたい他にフットマッサージなどのメニューがある。オイルマッサージやアロママッサージとかは少し高くなり、他にもハーブボールを使ったマッサージや、道具を使うトークセンやバンブーマッサージ、内臓をケアするチネイザンや、産後のケアをするユーファイなどユニークなマッサージもいろいろある。

いろいろあるし、マッサージを受けられる場所も街のマッサージ屋さんだけでなく、ホテルやスパ、マーケット、マッサージスクール、そしてお寺などがある。

お寺のマッサージで安くて良いところがあると聞いて行ってみた。

そして気がついたら、ハマってしまった。

ワット・マハーワン

最初に行ったのがワット・マハーワン。

ターペー門から東へ歩いてすぐ。

インターネットで「チェンマイ、お寺、マッサージ」とか検索すると、まず出てくるのがここ。

お寺もいい感じの雰囲気。

 

AROKAYA MASSAGE アロカヤ・マッサージ。マッサージ屋さんのお店の名前もついていた。

奥に入っていくと小屋があって、ここが受付。

タイ古式マッサージが一時間で150バーツ、トークセンが200バーツ。

最初なのでタイ古式マッサージにしてみた。

 

マッサージは2階に案内されて、マッサージマットが10枚くらい並んでいた。他にマッサージを受けている人は2人いて、一人はトークセンだった。

ときたま痛かったりで、少し強めに押す感じだが悪くはない。でも、噂で聞くほど最高でもない。でもなんかトークセンが気持ち良さそうだった。

他に受けた友人の体験談は、ワットマハーワンのマッサージは良くなかったとか。

ここのマッサージは、良いという人と良くなかったというので、意見が分かれる。

次回はトークセンを受けてみよう。

タイマッサージはチップを渡すカルチャーがあるので、マッサージを受けたあとに気持ちをプラスするのを忘れないようにしよう。

 

ワット・シークート

次に行ったのがワット・シークート。

ワット・プラシンから東へ少し歩くとあるお寺。

このお寺の中にマッサージ屋さんが2つある。

Sigoet Massage

最初に行ったのが入って右側のSigoet Massage。というか、マッサージを受けるつもりなかったんだけど、看板見てお寺に入ったら、お店の人と目があって、「タイマッサージ?」って聞かれて安いから受けてみた。

タイ古式、フット、ボディマッサージが150バーツ。オイル、トークセン、バンブーマッサージもある。

看板見るとトレーニングって書いてあって、電話番号とメールアドレスが書いてある。

もしかしたらスクールもやっているのかもしれない??

 

ここはマッサージを受けるのに着替えがあって、簡易な更衣室がある。それとエアコンが効いている。 タイマッサージを受けてみる。

肝心のマッサージは、押しが強くてかなり痛かった。

後日、トークセンを受けようかと来てみたが痛かったのを思い出してやめて他にマッサージを受けに行った。

Rom Pho Massage

入って左側は、Rom Pho Massage。違うマッサージ屋さんだった。

チェンマイで知り合った友人が行ってよかったと言っていて、また行くというタイミングが、ちょうど自分もどこかでマッサージを受けようと思っていたところで、待ち合わせして行ってみた。

 

タイ古式マッサージ 120バーツ。フットマッサージも120バーツ。

けっこう気持ちよかった。

 

 

数日後、また来てみた。今度はフットマッサージにしてみた。

フットマッサージも気持ちよかった。一時間で足りない。

ずっと座ったままのマッサージだから、マッサージのおばちゃんと会話する。お互いブロークンな英語でのコミュニケーション。

前回のマッサージのおばちゃんが覚えていて、一緒にいた友達は今日はいないのかとか、トークセンの絵のTシャツ着てたから、トークセン好きなのかとか聞かれた。少し日本語わかって、「また来てねー」って写真の一枚パシャり。

次にチェンマイ来たら、きっとまたここにマッサージを受けにくる。

お寺のマッサージのおすすめの一押しはここ! 120バーツ、チップを50バーツ払っても700円を切る。

 

ワット サムパオ

 

ここでマッサージをやっているのを知ったのは、サンデーマケットの時だった。

サンデーマケットの通り道で、日曜日の夜はこのお寺のあたりが盛り上がっている。

最初、ここでマッサージを受けるつもりはなかったが、お寺でマッサージを受けている感じがするかもって思って来てみた。お客さんは二人いたのだが。。。。

 

こっちに来てとお寺から出てお寺の裏にあるマッサージスペースに案内されて、ここかって思ったら、この奥にさらに部屋があって、そこで一人だけでマッサージを受ける。

ちゃんとしたマッサージ屋さんで、マッサージを受けている感じだった。

マッサージのおばちゃんには、あなた体ストロングだね。強いの好きなのとグイグイ押された。

そこまで強くしないでいいわって思ったが、気持ちよかった。

次はお寺のチープな感じを味わいたい。

 

ワット パン・ウェーン

オールドシティの南の方、チェンマイゲートの近く、ワット パンウェーン。

 

ここはトークセンができるってことで行ってみた。

 

タイマッサージの絵が独特で好きです。

トークセンは200バーツ。

トークセン担当してくれた人、あまり上手な感じがしなかった。しかし、それでも気持ちよかった。トークセンの独特なリズムがウトウトさせてくれる。

ヒーリング効果が抜群だと思うな。

ここもなんとなく腕の良さそうな人がいるので、また来てみたいと思う。

その他

ワットロークモーリーでもマッサージが受けられる。

チャンプアット市場の西、城壁の中からサンティンタムの方に抜けるときに歩くと通って気になっていたが今回は行けずでした。

 

サラ寺院

おまけというか、もう一つお寺でマッサージを受けた。

サラ寺院と言われる場所。サラ・ワットナムチャム。

チェンマイの中心地からソンテウをチャーターして1時間くらいの場所。 瞑想をしたり、シャーマンみたいなスピリチュアルな人がいて、相談を受けたりして、何か問題があるとマッサージをして治すのかチューニングするのかすることがある。

自分が行ったときは、待ち時間が長く待っている間にマッサージを受けた。時間は10分か15分かくらいだったが、二人がかりで1人はトークセン、もう一人はタイマッサージをしてくれた。

二人ともけっこうハードな痛い系なマッサージだった。 痛いって言ってもガンガン来た。

サラ寺院はマッサージを受けるのを目的で行っても多分受けられないが、運がよければマッサージを受けられるかもしれない。

サラ寺院は、エネルギーがすごく自分は受け取って、いるだけで癒される感じだった。また行きたい。

マッサージを受けたらチップを払おう!

タイはマッサージにチップを払うカルチャー。お寺のマッサージって安いところは一時間120バーツ。今のレートだと500円以下。日本人はチップを払う習慣はないがチップを払おう。日本も経済不振で先が見えないで不安な人も多いでしょうが、それでもあえて一言書いておきたかった。

「タイでマッサージを受けたらチップを払おう。」

タイのナマケモノのコーヒー Lazyman coffee レイジーマンコーヒーに行ってきた

チェンマイのオンズマッサージスクールでタイ古式マッサージ

 

タイトルとURLをコピーしました