タイマッサージのマントラと仏教

タイ古式マッサージ

タイヨガマッサージ(タイ古式マッサージ)にはマントラ(お祈り)がある。 タイのチェンマイでオンスクールというタイマッサージのスクールに通っていたとき、毎朝マントラのチャンティングから始まっていた。 このマントラはONAMO(オナモ)と呼ばれていた。

ぶっちゃけ意味もわからずに毎朝唱えていたら、二週間以上通っていたので覚えてしまった。

タイマッサージではWai Kru ワイクルーという。ムエタイでもワイクルーってありますね。

NaMoTaSa PaKaWaTo ARaHaTo SaMa SamPhuTaSa

OhNaMo ShiVago ShiRaSa AHang KaRuNiKo 
SapPhaSaTaNang OSaTa TipPaManTang
PaPaSo SuRYa-JanTang KoMaRaPatTo PaKaSeSi 
WanTaMi PanTiToe SuMeTaSo 
ARoKa SuMaNaHoMi 

(Three Times 3回唱える)


NaA, NaWa, Roka Payathi VinaSanti

(Three Times 3回唱える)

タイマッサージの創始者であるシワカ・コマラパ(shiwog gomarabat)師への感謝をタイマッサージの前に行う。 体が不調がある人へのマッサージは施術者であるセラピストが行うのではなく、シワカ・コマラパ師がセラピストに降りてきて行うという。タイマッサージというのは、かなりスピリチュアルなヒーリングなんだ。そのためにオナモのマントラを唱える。オナモのチャンティングを聞いてみたい方はYoutubeにいくつかアップされています。

ダンマパダ 第20 道の章 282

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa 
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

瞑想あれば智慧生じ
瞑想なければ智慧滅す
生じることと滅することの
この二種の道を知り
智慧が増大するように
自己を確立するがよい

(片山一良先生 訳)

https://j-theravada.net/world/sutta/sutta-02/

最初の一文は、原始仏典のダンマパダ(真理の言葉)第20章(道)の208に書かれている言葉ということだ。

この意味は、

”ヨガ(瞑想)によってこそ広大な智慧が生じる。ヨガ(瞑想)なしでは広大な智慧は滅びる。(智慧が)生まれる道と(智慧が)失われる道。この2つの道を知って、智慧が増えていく(道を歩める)ように自分を確立せよ。”

2500年前の知恵が現代に伝わり、それがタイマッサージの中に生きていることに、そこに深い生命のつながりを感じます。

施術の最後には、「ナア ナワ ロカ パヤティ ヴィナサンティ」のマントラを唱えて邪気を払う。

この意味は、「私たちが触れた全ての人が、苦痛が消えて幸せでありますように。」

これって慈悲の瞑想の言葉のようだ。

タイマッサージにはシンプルに気持ち良いという良さもあるのだけど、その精神性を知るともっと面白いと思う。 ゆるくマッサージの施術もしているので受けたい人は連絡してください。

タイトルとURLをコピーしました