Art

草間彌生展 「わが永遠の魂」を見にいった

kusama
LINEで送る
Pocket

国立新美術館開館10周年 草間彌生展 わが永遠の魂を見に行った。

会期は2017年2月22日(水)から、5月22日(月)まで。

田舎生活だと、美術館とかあまり行けないけど、期間が長くて助かった。

ちなみに火曜日が休館日。 火曜日に行こうとして途中で気づいた。

ウェブサイトは、ここ。http://kusama2017.jp/

めっちゃ混雑していて、 40分まちとか聞いていたが、閉館一時間前だったからか、並ばずに入れた。

しかし、鑑賞に一時間では足りないくらいだった。
2、3時間はあったほうがいい。
時間あったら4、5時間いたかもしれないくらいのボリュームがあった。

今回の展示会は、草間さんの初期の作品から、最新作品まで、これでもかってくらいにたくさんの作品があった。

メインホールには、「わが永遠の魂」500点以上から、130点くらいが大迫力だった。

写真は撮影がオッケーなのとダメなのがあるよ。

IMG_0589

IMG_0588

IMG_0582

IMG_0579

IMG_0578

繊細なタッチで、それでいて力強い草間さんの絵は、まるで真実の曼荼羅のような深い悲しみと絶望に嘆きから、命の祝福のようで、ただただ心が動いた。

見れてよかった。

草間彌生展、めっちゃオススメするよ。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*