サステナブル

さよならバビロン バビロンシステムの社会からサヨナラして生きること。

曼荼羅
LINEで送る
Pocket

さよならバビロン。

バビロン社会、バビロンシステムからサヨナラしよう。

俳優でレゲエミュージシャンの窪塚洋介さんが、今の社会はバビロンという。
バビロンとは、レゲエミュージックの産まれた国であるジャマイカの黒人解放思想「ラスタファリ運動(Rastafari movement)」から生まれ言葉。
ラスタファリ運動の実践者、ラスタマンたちはレゲエの象徴のようなドレッドヘアは髪を傷つけないため切らない、大麻の使用、ベジタリアンなどの平和主義的であり、彼らは支配者たちをバビロンと呼んだという。

現在でいうバビロンとは、この世界の支配者、バビロンシステムとは世界を経済などで支配されていること、搾取されたり不公正であったりという、社会をバビロン社会という。

このバビロンシステムを産んだのは、わたくしたち人間が便利だからで、自分たちの心がつくったシステムだ。

そして、そろそろバビロンからサヨナラする時代が来たんじゃないかって思うんだ。

サヨナラ、バビロン。 
バビロン社会からサヨナラする道。

テレビを観るのを減らす、やめる

テレビはさまざまな情報を与えてくれる。
その情報は、私たちに、もっともっとという限りない欲、人と比較する心、満たされない気持ちを与えてくれる。

お笑い番組、暴力、セックス、それらの情報は必要なのか? 
テレビを観るのをやめて、自分で情報を選択しよう。

外食を減らす。食を自炊しよう。

食は生きるエネルギーだ。
外食では、素晴らしい料理人の素晴らしいアイデアによる最高な料理を食べることができる。

いっぽうで、添加物、農薬、放射能、遺伝子組換え、地球の裏からやってきた作物、動物たちは食べられるためだけに育てられている。
お金を支払って、健康に害がある可能性のあるものをわざわざ食べているんだ。

外食を減らして、自炊しよう。

買い物を選択しよう。減らそう。

買い物を選択することは生き方を選択することだ。
ゴミ問題が解決していないが、石油製品はあふれている。
海外での児童労働や低賃金でのアンフェアな労働による製品、
日本でも労働者が低賃金で働いている。

原子力発電や戦争にお金を使っていたり、兵器の開発をしている企業、そういう会社の製品を購入するのを減らそう。

買い物は選択だ。
購入する前にその企業について調べよう。

できるだけ、誰が作ったかわかるような職人さんや、フェアトレード、地元で作った製品などを購入して応援しよう。

食べ物を育てよう(食の自給率を上げる)

消費者であることから、サヨナラする第一歩。
それは自分で食べ物を育てること。
庭があれば庭で家庭菜園を。
ベランダがあればベランダ菜園を。
部屋のなかで育つ野菜だってある。

種も買う必要はない。
食べたら、種をとってまいてみよう。

会社は辞めよう。(職の自給を目指そう)

食の自給の次は職の自給だ。
会社勤めをしているなら、辞表を書いて提出しよう。

毎月の給料は生活を安定してくれて素晴らしい。
しかし、自由はもっと素晴らしい。

会社をやめて自由になろう。

自分の創造力と行動で、仕事をつくろう。

収入が減っても生きて行く方法にチャレンジしよう。

地方に引越ししよう。

あなたが住んでいるのが都会だったら地方へ引越そう。

都会は便利だ。

でも、もう田舎でも便利に暮らせる。

インターネットでほとんど何でも買える。

田舎にいって生活のコストを下げて、農的な暮らしをしよう。

行動は早いほうがいい。

電気、ガス、水道をオフグリッドにしよう。(エネルギーの自給率を上げる。)

電気、ガス、水道をオフグリッドする。

オフグリッドとは電力会社などとサヨナラして、太陽光発電などでエネルギーを自給する生活だ。
自然からのエネルギーはいっぱいある。

できることから、ちょっとずつやっていこう。

エネルギー自給自足の第一歩! オフグリッドのソーラー発電!!

家をセルフビルドで建てる(住の自給率を上げる。)

家もセルフビルドで建てよう。

ここまで出来れば、あなたのサバイブ能力はかなりのもののはずだ。

自分の生活だけでなく、多くの人の生活を変えるために、役に立つだろう。

アースバックハウスと軽トラモバイルハウス@静岡函南

バビロンとサヨナラするスキルをあげるために、まずはパーマカルチャーを学ぶこともオススメです。

タイでパーマカルチャーデザインを学んだ話のまとめ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*