パーマカルチャー

パーマカルチャーリストを目指す人へ。パーマカルチャーを読む!

曼荼羅ガーデン
LINEで送る
Pocket

パーマカルチャーを本で学べば、わかるのかって聞かれたので
Twitterでパーマカルチャーに関する本について、ツイートしてみたよ。

本を読んでわかるか? 
もちろん、読んでわかる。
読んで実践して、テストして、何度も失敗して、失敗を繰り返して
学んで、わかることがいっぱい。

実践するには理論も必要。
というか理論がなければ実践できない。

パーマカルチャーコースで学ぶのもいいが、2、3週間のコースで学べないこともあるし
実践しながら学んでいくのは、やっぱり本。

定番の一冊は「パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン」

パーマカルチャーの緑の本って言えば、パーマカルチャーリストなら誰でもわかるくらい定番の一冊は「パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン」

マニュアルとしてではなく、パーマカルチャーを知る入門の一冊は「パーマカルチャー菜園入門」がわかりやすい。
しかし、多分すぐに物足りない。

緑の本とならんで、パーマカルチャーの教科書になる青い本。
「パーマカルチャー〜自給自立の農的暮らしに〜」
日本のーマカルチャー・センター・ジャパンが出しているから間違いない。
海外見ていると少し物足りないかも。

お勧めしなのが、「パーマカルチャー(上巻) ――農的暮らしを実現するための12の原理」
ビル・モリソンとともにパーマカルチャーを考え出したデビッド・ホルムグレンが書いた翻訳本。

値段は高いので、まずは図書館に頼みにいこう。

デビッド ホルムグレンが書いたといえば、「未来のシナリオ―ピークオイル・温暖化の時代とパーマカルチャー 」
も気候変動の問題などに焦点をあてた一冊で、パーマカルチャーリストでなくてもすすめたい本だと思う。

日本のパーマカルチャーの実例を見たい人にすすめたいのが、
「パーマカルチャー事始め」
長野県安曇野のシャロム・ヒュッテのパーマカルチャー。

そしてパーマカルチャーの兄弟姉妹、ぼくも関わっているトランジションタウンの本。

パーマカルチャーについて、すべての人にお勧めしたい一冊は、これ。
アーバンパーマカルチャー、都市でのパーマカルチャーだが、世界観が変わる。

「都会からはじまる新しい生き方のデザイン」

パーマカルチャーに関する本をいろいろ紹介しました。
ほかにも自然農の福岡さんの本とか、パーマカルチャーリスト必読の本あります。
ブログで今後も紹介していきます。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*