パーマカルチャー

沖縄本島パーマカルチャーランドツアー! 恩名村またまた農場を見学!

畑
LINEで送る
Pocket

やんばるへの旅、沖縄の恩納村のまたさんのまたまた農場を ソーヤ海君が見に行くのに同行させてもらい ファームを見学させてもらいました。

マインドフルネスのワークショップに参加後、何も予定を決めていなかった。

高江に行ってみたいとか、移住した友達に会えたら会いたいとか、そんな感じだった。

マインドフルネスであること! 禅 瞑想のワークショップに参加

海くんがファーム見にいくって聞いて、勢いで一緒に連れて行ってと頼んでついていった。

名護からクルマで30分ほど。

またまた農場、沖縄のきれいな海が見えるとても素敵なファームです。

今回は文章よりも、写真を中心に。 パーマカルチャーの世界を楽しんでください。

風景

パーマカルチャーは、まずは観察から。

ランドツアー

それではパーマカルチャーランドツアーへ。

ソーヤ海くんに、パーマカルチャーランドを見ながら質問したりとできるという とてもラッキーな体験。

なにげに百人組手と書かれたTシャツが気になる(^^)

自然農の畑は、温暖な沖縄のエネルギーがたっぷり。

畑

これでもかって素敵な畑です。

 畑 アボカド アボカド。 

やっぱり、アボカド栽培したい。

家でも育てているけど、なかなか育たない。

実がなるまで8年だったかな。

グアバ

フルーツの木がいっぱい。

こちらはグアバ 鳥に食べられていた。

甘くて、とっても美味しかった。

パパイヤ 

 

IMG_2742

この実のはじめて見た。

名前聞いたのに忘れる。

まだ緑だったが、けっこう甘くて美味しかった。

誰か名前わかるかな?

食べる

ソーヤ海くん、試食中!

小川 小さい川。ここの水をファームで実際に使っている

水浄化システム

れは水を浄化するシステム。

丸いやつが、EMなんちゃらとか、なんだっけ?

五右衛門風呂

五右衛門風呂は、海が見える場所にある。

ティピ ティピもあるよ。

WWOOF(ウーフ)などで、手伝いにきたら泊まれる。

ちなみにWWOOF(ウーフ)とは、お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するしくみです。

ギフトエコノミーのひとつの手段と言えます。

家もあって、そっちに泊まることもできるし、テント泊もできるそうです。

※WWOOF(ウーフ)の条件聞きました。

半日(4時間位)働いて、 食事三食と寝るところあり (ゲストハウスかインディアンティピー)1~3人程度。

週末2泊3日か3泊4日位で来れる人ということです。

コンポストトイレ

パーマカルチャーと言えばな定番なコンポストトイレ。 

やっぱりコンポストトイレがいいね。

災害にも強い。

コンポストトイレの説明

次の人のことを考える。 

トイレだけじゃなく、そうありたいものです。 大豆 沖縄の大豆。 

原種も少しギフトでいただきました。

色が緑色。 他にも借金なし大豆もあった。

ありがとうございます。 パーマカルチャーと出逢って10年以上という、ハルサーのまたさんは現在は畑を中心に生活。

週の半分以上をここで過ごしている。

海くんが毎年恒例となっているブロックスへのパーマカルチャーツアーに参加してから ファームはかなり進化したということだった。

今回、海くんがやんばるに来たので実際にファームを見てアドバイスをもらいたいということだった。

タイのタコメパイ以来、約1年分のパーマカルチャーファームを見て、実際にまたさんと海くんのやりとりは とっても勉強になりました。

次なるステップへ。 ワクワクな旅は続く。

 

やんばるの森の自然農園を見学させてもらった

 

NVCアクティビスト合宿 共生革命リトリート@PAWAに参加してきた!

パーマカルチャーランド やんばるシンカヌチャービレッジ

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙(みそら)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャー。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってNVCやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索