コラム

生きていることは、さまざまな縁に感謝することだと想う。

11082587_10202601535998676_4502733975569757645_n
LINEで送る
Pocket

生きているって、さまざまな縁に恵まれて、その縁への感謝が
とても大切だって日々想う。

一年前に今頃は、宮崎へいた。
旅行のようでもあり、帰り道に寄ったともいえる。

3月14日から15日かけて夜勤の仕事を終えて、仕事を辞めて石垣島をいったん出た。
前年の終わりくらいから、石垣を出たら九州か四国へ引越しを考えていた。
第一候補は宮崎だった。

宮崎で仕事を探していたが決まらず、家の候補は友達の紹介で出てきた。
宮崎への移住へかなり心が動いていた。
それとともに、パーマカルチャーを学びたいって気持ちが強くなった。
日本で学ぶとすると、選択肢に限りがあった。
バリがけっこうパーマカルチャーデザインコースがあった。
これまた、友達の紹介でタイにいろいろパーマカルチャーを学べる場所があるのを知った。

いくつかにメールで問い合わせして、タイのタコメパイにパーマカルチャーコースを受けにいくことにした。

タイでパーマカルチャーデザインを学んだ話のまとめ

長野のシャロムヒュッテとかに学びに行くのも楽しそうって思ったが、海のないとこに通うのは無理な気がした。
そんなんで、タイ行きを決めた。

そして、仕事を辞めて宮崎行くかどうするか、なかなか決まらず、地元に戻ることとかも考えたが
石垣にいるなら、荷物を預かってくれると言われて、お言葉に甘えることにした。

そして、荷物を運ぶ軽トラまで貸してもらえた。

さらにカフェでビールを飲んでいたら、仕事の話が出て
一年弱の契約での仕事が決まった。
4月の後半から、はじまりもうすぐ終わる。

石垣をでる数日前には、夏に世田谷の友人達と一緒にきた建築家の先生が島の大工さんとその奥さんを紹介してくれた。
会ってみたら、サーファーで海で何度か話していた。

それでも、宮崎は気になっていたので、沖縄本島経由して、宮崎によって3泊した。
サーフィンも2回できた。
一泊目は、宮崎の青島ゲストハウスバックパッカーズに宿泊した。

宮崎のサーファーむけの宿 青島ゲストハウスバックパッカーズがとっても素敵だった!

宿がマジで素晴らしかった。

宮崎の2日目は宮崎に移住したSFJの仲間の杉さんと、都農にあるロトハウス改めてWAVESというゲストハウスとカフェの再オープンのパーティに
参加した。
ロトさんの人望で、九州からさまざまな面白い人たちが集まっていた。
九州も面白いぞって想った。

宮崎を得て東京羽田、そして神奈川に数日いて、タイに行ってパーマカルチャーを学び
石垣に戻った。

石垣に戻ってからも、いろいろあったけど常に人のご縁で生かされているって
感謝の気持ちしかない日々。

もうすぐ、3月も終わりで紹介してもらった仕事も終わる。
さあ、楽しんでいこう。

これからのことも書きたいことは、いろいろあるが、それはまたの機会に。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*