日々の出来事

春分日記 島暮らし 銀河を螺旋に回転して旅の途中

サンセット
LINEで送る
Pocket

今日2016年3月20日は二十四節気春分

宇宙船地球号は、太陽黄径0度(春分点)に到達。

二十四節気 春分

黄径0度とは、
地球の赤道を延長した天の赤道と、太陽の通り道の黄道がちょうど交差した場所である。

太陽はちょうど真東から昇り、真西に沈む。
昼と夜の長さがほぼ同じになり、これから夏至荷向かい、昼の時が長くなり、夜の時が短くなっていく。
まさに、春分をもって春の始まりと言われる所以です。
この日は春の彼岸の中日でもある。
ぜひ、お墓参りに行ったり、行けない人はご先祖様に思いを馳せてみよう。

本日の石垣島は日の出が6:46で、日の入りが18:45と夜のほうが、わずかに1分長い。ほぼ同じとも言える。
東京だと日の出が5:45で日の入が17:53と昼間の方が8分長い。
日本で一番日の出が早いという南鳥島は日の出が4:47で、日の入が16:55。
と言っても人住んでいないですもんね。
小笠原父島は日の出が5;35で日の入が17:43になる。

同じ日本でもけっこう違うものです。

春分日記 

3月も後半、年度末で忙しい人もいれば、有休消化中の人もいたり、いろいろですね。
3連休の人も多いですね。

春分ということで、ふつうに日記風に書いてみます。
ほぼ毎日、更新しているブログですが、ときおり日記も混ぜております。

3月19日 19-Mar

石垣島は一足早い海開きが昨日ありました。
日本一はやい海開きは小笠原村父島で元旦に海開きだったと思います。
昨日からは石垣島に新しい居酒屋が集まった複合施設の石垣島ヴィレッジがオープンしたり
石垣島桟橋マーケットを開催していたりと、春とともに盛り上がりつつあります。

昨日の昼間は友達の家、海の見えるリゾートマンションに招待されて
ご飯、持ち寄りのゆんたくパーティーでした。

海

ベジタリアンタコライス アボカドにマヤナッツパウダーモリンガ葉を入れたスーパーフードバージョンを作ったんだが
味のほうはどうだっただろうか。自分としては少し薄味だったかもしれない。
ベジになってから以前より味覚が敏感になったような気がする。
写真撮っておけばよかった。

ベジタコライスを作ってみたよ。ヴィーガンのジャンクフード

いつものメンバーと違い、まだ数ヶ月の赤ちゃん連れの人、ファイヤーダンスを踊る人や、イギリス人やヨット乗りやらが参加して面白かった。
そして、花札やったりしていた。
自分は花札やっていない。
へべれけに酔っぱらっている友達もいたが、自分はアルコール飲んでないのでシラフ。

そして、夕方先に帰り、静岡からかつて、御前崎方面に波乗りに行ったときにお世話になっていた知人が
奥さんと旅行に来ていたので挨拶にいった。

そして、夜はI love ishigaki webチームのミーティングに参加。

自衛隊の基地問題にゆれる島で出来ることをやる。

3月20日 20-Mar

今朝は日の出前に二人で、南海岸へ波乗りへ行った。
再会したのもサーフィン一緒にやるのも約10年ぶりくらいだった。

自分の板で少し浮力のある板を貸して、アウターリーフに1時間半くらい二人で入った。
もう還暦60歳ということでしたが、パドル力完全に負けていた。
しかも普段はもっと浮力のある板に乗っているのに。
でも、楽しかった。
またまた自分の身体を鍛えよう。

そして身体を鍛えようと今日は、波乗り後は睡魔と食欲に襲われたが
マヤナッツコーヒーを飲んでから、ヨガ教室へ向かう。
やすこ先生のヨガ教室、ほぼ毎月1.2回のペースで通い、11ヶ月になる。
自分の暮らしのなかで、ヨガと瞑想、呼吸を意識することが、徐々に大切になっていく。

今月の瞑想の言葉

”明日死ぬかのように生きなさい。永遠に生きるかのように学びなさい。 マハトマ・ガンジー”

自分の内側、宇宙と繋がること。
自分の身体は宇宙そのもの。借り物でしかない。

宇宙の信頼して、ゆだね、考えるのではなく感じたままに流れて生きよう。

次の二十四節気は、清明になります。
沖縄では清明祭が有名です。

宇宙船 地球号 今日も螺旋に回転をしながら太陽を回り、そして太陽とともに銀河を回っている。
あなたも私も地球と一緒に螺旋に回転して旅の途中。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*