石垣島

石垣島ハーリー 沖縄の海人のお祭りに参加

ハーリー
LINEで送る
Pocket

沖縄の海人のお祭り ハーリーに去年2015年に石垣島で初参加した。

今年、2016年も参加が決まった。

ハーリーとは

ハーリーは、沖縄伝統の海人(うみんちゅ) 、ようするに漁師さんによる五穀豊穣、無病息災、航海安全を祈願するための祭りで、琉球王朝時代に中国から伝わり、沖縄全土に広まったという。
今、自分の住む八重山地方は、糸満の漁師さんが伝えた。
今では沖縄全土の、さまざまな地域でレースをやったりする。

初夏に行われる、年に一回のハンパなく盛り上がるお祭りです。

ハーリーは元々は、爬龍船(はりゅうせん)という40人くらい乗る大きな船を使っていたというが、今は小さな10人乗りくらいの沖縄伝統のサバニでレースを行う。
カヌーのレースみたいな感じ。

糸満にサバニを見に行った話もブログに書いてます。

糸満の海人工房に沖縄伝統漁船のサバニを見に行った

沖縄では、

「ハーリー鉦(かね)の音が響き渡ると、本格的な夏が訪れる。」沖縄では

といわれています。

2015年のハーリー

2015年3月半ばから4月後半まで、約1月半、島を出ていて帰ったらハーリーのメンバーが足りないから参加しないって言われて、ハーリーなんだかわかってなかったけど、カヌーみたいで面白そうって思って、二つ返事で参加するって言った。

それが、糸満でもちょっと前に見て乗ってみたいって思ったサバニのレースだったから、あっという間に願いがかなったんだ。

一週間前から夕方に2回練習して、本番だった。

1チームは10人。 

ちなみにシーカヤックだと左右両方に漕ぐが、ハーリーは右側か左側か座る場所で漕ぐ役目が変わる。
なので、右利きの人と左効きの人がバランスよくいるといいはずだ。
そして体重のバランスもある。

当日はお揃いのTシャツ作って参加。

ボラッチョス

チーム名はムチャチョス・ボラッチョス。
MUCHACHOS BORRACHOS
スペイン語で酔っぱらいの男の子だったかな。

ハーリーの前に約10年ぶりの風邪をこじらせて、体調がイマイチだったけど楽しかった。
結果は平均的なタイムで、次はもっと練習して体調整えて参加したいって思った。

ちなみにマドンナクラスという女子のレースもある。
男女ともに、サーファーのチームがあってどちらも速い。
やっぱり、サーファーは漕ぐのが強い。

そして夜は打ち上げ。ようするに飲み会だ。

動画もYoutubeで見れるよ。

今年は自分でも動画撮影してみようかな。

石垣島ハーリー(海神祭ハーリー) 石垣市爬竜船競漕大会

石垣島のハーリーは毎年、旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に開催される。

旧暦と決まっているので、平日だろうと休日だろうと関係ない。

西暦では2016年は6月8日の火曜日の開催。

たいていの職場はハーリーに出るって言うとお休みがもらえる。
それだけ島で大事な一大イベントなんだ。

無給だけどね。

場所は石垣空港から近い、白保地区でのハーリー、北部地域の海人(うみんちゅ)が集まる伊原間漁港の船越ハーリー、そしてメインで盛り上がるのは浜崎町の石垣漁港で開催される。

海人による転覆ハーリーなどの催しもあって盛り上がる。

石垣島ハーリーまとめ

「あつし 今年もハーリー出れるよね?」と聞かれ、仕事の契約切れるし石垣にいるか決めてないけど
出たいので、今回も二つ返事で参加オッケーって言った。
去年はギリギリで参加者決定だったが、今年は10人全員もう決定。

その前の練習から、めちゃくちゃ楽しみ。

サーフィンいっぱいやって体調整えるしかないね。

石垣島観光でその時期だったら、ぜひハーリー見学してみてください。
ハーリーに合わせての石垣島旅行もオススメします。
年に一回だからね。 

めったに見れないよ。

最後に貴重な体験をさせていただき、ありがとうございます。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*