旅行記

西表島 ミニ旅プチトリップ・レポート

星砂の浜
LINEで送る
Pocket

アイランド・サーフトリップシリーズ、沖縄は八重山地方の石垣島の隣のヤマネコの島。
西表島へ。
自分がサーフィンしたなかで日本の最南端。
ちなみに最北は青森です。

北海道でもサーフィンしてみたい。

*西表島のサーフポイントが検索してこのブログに来られる方が多いようですが、サーフポイントの情報は公開していません。
ローカルサーファーにコンタクトをとることをおすすめします。

美しい島 

緑も海もモリモリで美しい島。
西表島。
そうイリオモテヤマネコの島。

西表島などの八重山諸島は石垣島がハブになっていて
石垣港から高速船に乗っていく。
空港はないので飛行機ではいけない。

島の北の上原港か南の大原港へ行く便がある。
価格は大原へ行った方が安い。

石垣港で上原港行きの往復チケットを購入する。
泊まるところは決めていない。

貨物船も出ているが、貨物船は週に3便だけだ。
貨物船は値段も安くて、バイクや自転車も一緒に持って行くことができる。
貨物船の日程調べてバイクを持っていけば、現地で足を調達しないですむ。

具志堅用高の金の像

石垣港には、沖縄初のボクシングの世界チャンピオン、偉大なる13回防衛の具志堅用高さんの黄金の像がある。
ここで記念撮影する人が多い。
旅行来たら、やってみてね。
自分はやっていないよ。

☆星砂の浜

星砂の浜

西表島でおすすめは、星砂の浜。

着いたら真っ先に向かいたい。美しい浜。
波乗りじゃなくて、海水浴とシュノーケルをした。

波はなくても海も浜も、とにかく綺麗、キレイ、ビューティフル、素晴らしい、最高、ほめる言葉しか出て来ない。
マジでヤバいわ。

そして、ここ星砂の浜、名前のとおりで砂が星の形をしている。
星の形の砂が砂をすくうといくらでも拾えた。
竹富島でも星砂拾えるけど、この浜のほうがすごかったです。
そして人も少ない。

西表島のキャンプ場

キャンプ場のサンライズ

宿もありますが、自然が美しいのでキャンプ泊もおすすめしたい。
キャンプ場は2箇所あって、ミトレアキャンプ場という上原に近いところに泊まりました。
キャンプ場までは、レンタカーを借りたレンタカー屋さんに、レンタカーを返却してから送ってもらった。
帰りのことを、まあなんとかなるだろう。
食べ物と飲み物は買って持っていった。

施設利用料金は700円、テントのレンタル料は500円。 

しめて合計で1200円。沖縄には安いゲストハウスが1000円とかであるけど、西表島にはそんなに安いところはないと思うので、泊めてくれる友人がいない場合は、テント泊が最安だと思う。

温水シャワーは無料で、電源もとれた。
けっこう便利なキャンプ場でした。

ハンモックがあって、これが見た目が美しくなくて、ぶさいくで、ハンモック?って感じだけど
寝たら気持ちよかった。テント必要ないかもしれない。
最大の問題は蚊だった。テント泊なら蚊取り線香は、最低限用意しましょう。

西表島サーフィンレポート

はじめて行ったとき、リーフで波は割れている場所はあり、
サーフィン出来そうだけどポイントは探すの大変そうって印象でした。

石垣島のサーフショップ SPROUT石垣島さんの紹介で

西表島のローカルサーファーでRoots(琉津) 西表surfing&supガイド
を紹介してもらい電話で連絡をとった。

西表島は冬が波がいいという話だったが、夏だけどサーフィンできるよって言われた。
2日目に出来そうということで、キャンプ場まで迎えに来てくれた。

ガイドのTさんの話では、島のメインのサーフポイントは北側で、10カ所くらいサーフィンできる場所があるという。
石垣よりできる場所いっぱいあると思うよ。
マジかい、引越ししちゃおうかって思った。

そして、その日は南のポイントで、できるということで、島の南まで車で向かう。

島の南側でいつもやっているという場所はアウターリーフで、パドルで200mくらいだという。

台風スウェルが入っていた。

運がいい♩ めっちゃラッキー!

相変わらず、サーフトリップ行くと波が上がる。

数年前から、旅に行くと波があり
鎌倉の友達は自分と一緒だと必ず波があるっていうか、デカくなったりヤバいって言う。

全然、違うんだけどなぜかニュージーランドを想い出してしまう西表島。

西表島サーフィン

こんな美しいところから、パドルアウトしていく。
日本じゃなくて、インドネシアかどこかの離島に行ったような錯覚する。
書いているとインドネシア行きたくなる。

しかし、隣がよさそうと、結局500mくらいパドルして海へ。
サーフィンできるのは石垣島と一緒で満潮前後2時間くらい。

波は西表も石垣と同じでレギュラーが良いという話だが、この日はライト、レフト両方できて。グーフィーの波がよかった。

人はガイドの友人たちと4人でした。
サーフィンは、いつもだいたい4人だよって話。
波のサイズは肩くらい。
そして、なんといっても海からのロケーションが素晴らしい。最高だった。
マジでやばい。
深い深いモリモリな緑、大自然のエネルギーを見てチャージされながらのサーフィン。
人工のものは、ほとんどない。
生きていて、サーフィンできることに感謝の気持ちが湧き出てくる。

西表島に来たら、Roots(琉津) 西表surfing&supガイドさんに連絡してみてください。

ガイドのTさん、ありがとうございます。

SPROUT石垣島

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*