旅行記

サーフィンパラダイス 奄美大島トリップ 波乗りだけじゃないよ!

amami
LINEで送る
Pocket

今まで旅したなかで好きな島ベスト3に入る島のひとつが奄美大島。
きれいで、雰囲気もよくて最高だった。
そしてサーフィンも最高だった。
小笠原父島、石垣島のサーフィンの話を書いたので次は奄美大島の話を。

東京から飛行機で約2時間。
鹿児島県だが沖縄本島との間にあり、沖縄のような文化のある島。
大島紬が有名。泥染とか藍染めの文化がある。
体験もできて、自分は奄美大島に行ったときに体験した泥染から染め物に関心もった。
大島というくらいで大きい島。
すぐ隣には加計呂麻島という素敵な島がある。

奄美大島は黒糖焼酎がおいしい

奄美大島のお酒は、サトウキビとタイ米から作った黒糖焼酎。
初めて行った時に飲んでから、しばらくはまった。
ちなみに泡盛はタイ米で作る。
タイ米じゃない泡盛もある。

ラム酒はサトウキビでつくる。 
という感じでイメージとしてはサトウキビとラム酒の間なんだけど、まろやかな感じがする。
「れんと」や「高倉」が好きになった。

サーフィン・パラダイス

暖かくて波もあってP1110923

人も優しくて、ご飯も美味しい。
奄美大島へ移住しようかと考えたこともあった。
移住しているサーファーも多いし、サーフファクトリーが工場を置いていたりもする。

奄美大島

サーファー御用達の宿 ペンション・グリーンヒル

奄美大島にはペンション・グリーンヒルという行けばサーファーがステイしている
サーファー御用達の宿がある。
手広海岸の目の前にあるので、宿から歩いてサーフィンできる。
海が近いから日の出前からサーフィンすれば、まだ混雑してこない。
オーナー夫婦の息子さんの義人さんが、サーフガイドを行っている。
プロサーファーもけっこう泊まっているので、宿で会って海で一緒にサーフィンするっていうこともある。
ご飯も美味しかった。
今は自分がベジだから、どうかなあ。

P1120055

P1120030

奄美大島サーフレポート


サーフポイントはいっぱいあって、以前に住んでいた友達は人がやっていないとこを開拓していた。
グリーンヒルにステイすると、ポイントを教えてくれるけど、たいてい手広に波があるので手広でサーフィンできて楽しめてしまっていた。
石垣だと満潮しか出来ないけど、満潮と干潮で割れる場所が変わってサーフィンできていた。

手広のビーチは綺麗な貝殻がいっぱい落ちているので、ビーチコーミングにも最高だったよ。

そろそろ、また奄美に行こう。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*