ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ

ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ
LINEで送る
Pocket

先日、映画『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』を観に行った。

この映画は、フリー・ダイビングで素潜りの元チャンピオンで人類史上初めて100メートルを潜水したことで知られる、ジャック・マイヨールの生涯を描いたドキュメンタリー映画。

1988年に公開されたリュック・ベッソン監督の映画『グラン・ブルー』での、“素潜り”の世界記録に命懸けで挑む青年が主人公の映画のモデルが、ジャック・マイヨールだった。

映画の上映スタートして、数秒でなぜか涙が出てくるという涙腺がゆるくなってきた年頃、ジャック・マイヨールを知らないって人に簡潔に紹介した。

イルカと海へ還る日

ジャック・マイヨールと言えば、イルカ人間のようにイルカ好きな人というイメージが、「イルカと海へ還る日」という本を読んで知っていた。この本もなかなか素敵。 

本の感想は、また機会あればブログで書こうかな。

 

 

地球交響曲第二番

ジャック・マイヨールは、龍村仁監督のガイア・シンフォニー 「地球交響曲」第二番にも出ていた。

第二番は、チベット仏教のダライ・ラマや、森のイスキア主宰の佐藤初女さんも出演していた。1995年公開とかなり古い映画だけど、今もガイア・シンフォニーのシリーズは継続していて素晴らしい作品たちです。

そして、脱線して違う映画の紹介になりそう。

 

Youtube『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』予告編

 

海とヨーガ

世界中をゴーグルとスノーケルを持って放浪して、イルカと泳ぎ、女性が大好きだったというジャック・マイヨール。

彼はヨーガと禅の修行をしていたのが、映画でも彼が大事にしていたこととして取り上げられていた。彼が修行したインドや、日本の禅寺が映画でも出てきていた。

ヘッド・スタンドや、呼吸法、瞑想。中でも呼吸法は、素潜りにとても役立つという。

海にいるのとヨーガは、なんていうかとても近い感覚があると思っている。

陸上の生物はかつて、海で暮らす生物だったとか、母親の体内では水の中にいるとか、もっともらしい理由はつけようと思えばつけられるが、そんなの理由はなんでもよくて、海はただただ心地よく、気持ちよく、でも時に凶暴で危険。優しくて、癒されて、嫌なことも忘れられるし、いろんなことが波のようにやってきたりもする。

ジャック・マイヨールは晩年、鬱病で苦しんで自殺して亡くなった。孤独を感じていたという。

この映画は、ヨーガであり海であり、イルカであ理、とても素晴らしい作品でした。このブログを読んで興味持ったら、観に行ってみてください。

『ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』公式サイト

インド リシケシでのヨガの旅 アシュラムでのTTC合宿の一ヶ月

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

こどものころから海が好きで海と大地と身体と心が感じるまま生きること。 サーフィンとYogaが好き。  NVC 非暴力コミュニケーションなどのワークショップを開催。 屋号は海宙(みそら)

映画感想文カテゴリの最新記事