波乗り

波乗り日記 新暦2017年1月11日初乗りは海に行けというお告げに従って。

kitakaigan
LINEで送る
Pocket

久しぶりの波乗り日記。

サーフィン自体が久しぶり。

グレゴリオ暦2017年の初サーフィン。
毎年、初乗りは嬉しいものだ。

実は一回、初乗りしようと車に板とウェット積んで海に行って波チェックしたら、イマイチでやらなかった。
そうこうしているうちに、1月も10日過ぎてしまっていた。
なんてことだい、このままでは旧暦の新年過ぎちゃいそうだ。

ちなみに旧暦の新年は1月28日。 ちなみに自分の誕生日だ。

満潮の時間に合わせて海に行こうと思ったら、その時間にでかける予定を入れてしまった。
が、しかし予定がなくなった。そして時計を見たら海に行くよい時間だ。
波はイマイチな感じがするが、これはサーフィンしろってお告げに違いないって思い
前回とは違う板を車に載せて海へ向かう。

自分の心がサーフィンを必要としている、そんなふうに感じているときに
海に行ける時間がとれる。 これは小さくても海に入れってことだ。 
人生っていうのは、こういうタイミングをキャッチできるかどうか、小さなサインに気がついて、その波にいかに乗るかだ。

そして板を変えたのは、2本持っていくことも考えたが、初乗りは自分が一番気に入っている道具でやるのがいいと感じたからだ。

本日の目指したポイントは車で約30分。 鎌倉に住んでいたときは、海まで徒歩1分とか、サーフポイントまで自転車で5分とか、朝起きて15分後はテイクオフしているとかだったが、島暮らしではポイントまでパドルが遠いか車で走るか。 それでも海に行ける環境にいるって最高にハッピーだ。

海についたら、先に5名くらい入っていた。
上から見た感じは、腹くらいで風はないが、サーフィンしなくてもいいかなあ、帰って絵でも描くかビールでも飲むかって気になることのほうが多いコンディション。

でも、今日は小さくても乗れなくても、海入るぜってモードになっているから、RTDのジャーフルに着替えて
板にワックスを塗る。

true5fin

前回、FCS2のフィンシステムをネジ入れて、ナブスターフィンつけて5フィンにしていて、あまり調子よくなかったのに、そのままにしていた。
気持ちはトライフィンの気がしていたが、そのまま海へ入る。

海入るのに時間が2週間空くと調子悪くなる気がする。 今回は一ヶ月以上空いている。
しかも5フィン設定。 しかし、今回は5フィンでも調子よかった。
波数少なく、多くは乗れなかったが、ターンでの伸びのスピードが出る気がした。
テイクオフも乗ってからも速い。

まあ、気のせいかもしれない。

海のなかでは、なぜか川崎に縁のある人と川崎の話をする日だった。

やっぱり、サーフィンはどんなヒーリングよりも最高のヒーリングでバイブスが上がりまくる。
そして、自己共感せずとも、自然からのエンパシーがビシバシ感じる。

調和とか、存在とかのニーズが満たされる。

波がいいとか悪いとかではなく、海に入って気持ちいいか、愉しいか、大切なのは、ただそんなことだって思ったグレゴリオ暦の初サーフィン。

気持ちいい波にいっぱい乗れる年になりそうだ。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*