映画感想文

映画『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』を観た感想!

戦場ぬ止み
LINEで送る
Pocket

三上智恵監督の最新作 映画『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』を観た。

「戦場ぬ止み」と書いて、いくさばぬとぅどぅみって読むの難しい。

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』の内容

この映画の内容を簡単に書くと
日本にあるアメリカ軍基地・専用施設の74%が密集する沖縄。

沖縄北部の、やんばると言われる辺野古の大浦湾を埋め立て、アメリカ軍基地が建設がはじまっている。
オスプレイ100機が配備される予定で、
普天間基地の代替施設と言われているが、普天間以上の規模。
同じ、やんばるの高江ではヘリパッドの建設がすすめられている。

2014年8月14日に大浦湾を防衛局と海上保安庁の大船団が包囲した。

太平洋戦争での沖縄戦を生き延びた85歳のおばあは、身を投げ打って、基地建設に反対している。

11月の県知事選はオール沖縄で「イデオロギーよりアイデンティティー」と新基地建設反対の翁長雄志さんが、圧勝、して続く衆院選でも民意は基地に反対だったが、基地建設は止らない。

今、沖縄で本当は何が起きているのか?

激しい基地をめぐる戦いは、心がぐさりと抉られて、きつい場面もある。
現場の人たちのキツさは、映画で観る比ではないはずだが。

 本作で三上智恵監督(『標的の村』「海にすわる~辺野古600日の闘い~」)が描くのは激しい対立だけではない。基地と折り合って生きざるをえなかった地域の人々の思いと来し方。苦難の歴史のなかでも大切に育まれた豊かな文化や暮らし。厳しい闘争の最中でも絶えることのない歌とユーモア。いくさに翻弄され続けた70年に終止符を打ちたいという沖縄の切なる願いを今、世界に問う。

標的の村

三上智恵監督の前作 東村(ひがしそん)・高江のことを描いた作品も、観ていない人には是非
観てほしい。
最近、安倍総理夫人の安倍昭恵さんが、この映画を観て、高江を訪れて話題になった。

映画 標的の村

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』劇場予告編

まずは映画の予告編を。

映画 自主上映会もできる。

『戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ)』は、映画の自主上映会もできる。

この問題を感じたら、自主上映会を企画してみるのもいいと思う。

石垣島から

ぼくが、今住む石垣島には、米軍基地はない。
しかし、今自衛隊のミサイル基地建設がすすめられようとしている。
すでに、石垣島の西で台湾との国境の島である、与那国島にはレーダー基地の建設がすすんでいる。

石垣島の基地問題 http://loveishigaki.jp/
果たして、本当に基地が必要なのか?

自民党政権は平和憲法を改正しようとしているが、
ぼくたちは、もっと未来がどうあって欲しいか立ち止って、会話をする必要があるんじゃないかと
ボクは思う。

あなたのみたい未来はどんな未来?

ぼくは、人が助け合って、自然を大切にした世界を観てみたい。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*