海宙工房とは?

キーホールガーデン
LINEで送る
Pocket

海宙工房 (みそらこうぼう) とは

海宙工房 (みそらこうぼう)を主宰している、森野篤(モリノアツシ)です。

海宙工房はぼくの仕事と活動の屋号です。

私の簡単な自己紹介、プロフィールこちらをお読み下さい。

海宙工房、海と宙で、みそらと呼びます。

名前の由来は、人類が暮らすのは地球の大地の上。

大地は一般的には標高は海より上で、そして空の下、宇宙の下、
正確には宇宙のなかにある地球という星ですが
大地のうえでの、暮らし方のデザインを研究して、実験して、実践して、調和した暮らしを実現化していく。

海宙工房は、パーマカルチャーデザインの考えをベースに、研究と実践へ。

なぜパーマカルチャーデザインなのか?

人類は21世紀になっても、争いが止まらず、世界では経済的な格差も拡がっている。

富めるものは、ますます富を蓄えるいっぽうで、
世界では食べるものにも困っている人たちが、いっぱいいる。

テクノロジーは日々進歩しているが、地球環境の汚染はとまること知らずです。
化石燃料は枯渇すると言われながら、大量消費は続き、たくさんのゴミがでて、
そのゴミは海を汚染している。

原子力発電はチェルノブイリ原発や福島第一原子力発電所のように事故で多くの人を苦しめ
放射性物質での汚染は長期間にわたり、事故が起きた原子炉は廃炉にすることすら
現代のテクノロジーでは、ままにならず、使用済み核燃料をどのように何百年、何千年も安全に管理するかという方法はいまだにない。

そのいっぽうで自然エネルギーは、急成長をとげているが、それすら問題の解決になるかは現時点ではわからない。

食料の問題も深刻だ。 家畜を育てるために森林を伐採し、ジャングルはいまだに減っている。
牛や豚はまるで機械のような扱いで育てられて
食料とされている。野菜や飼料は農薬や化学肥料、除草剤が使われ、遺伝子組換えGM作物も増えている。
陸での汚染は必ず海に辿り着く。
海の生物も汚染や乱獲で減少している。
食料とする生物だけでなく、毎日さまざまな生物が自然界から絶滅していっている。

このような状況でも、人類は利己の利益を多くの人が優先している。
争い、お金に執着し、有名人のスキャンダルに夢中になったり。

多くの人が今の社会システムにいぶかしさを感じている。
日本では年間に数万人もの人が自分で自分の命を断っている。自殺している。

ここでまで、ひたすらネガティブな話のデパートかってくらいにネガティブなことを書きまくったが
もちろん、これらの問題を解決するために、個人レベルでも組織レベルでもさまざまな取り組みがある。

あちこちで成果を出して、解決している問題だっていっぱいある。

にも関わらず、世の中よくなってないよって多くの人が思うだろう。

それは、問題そのものを解決することが、ほとんどでよくなるためにシステムをデザインしていないからだと考えている。

パーマカルチャーデザインについて、書き出したら、とても長くなるので、とりあえず一番最初に覚えておくことから。

パーマカルチャーには3つの原則がある。

1つ目は、地球への配慮
2つ目は 人への配慮
3つ目は余剰物のシェア 

この3つの原則をまとめると、地球上のすべての生物への配慮、愛をもってシステムをデザインするってことなんだ。

愛 LOVEだ。

それらをケアするために、エネルギー効率のよい配置だったり、食べ物の育て方だったり
けっしてハイテクを否定するのではなく、ローテクのよさを取り入れてデザインして配置していく。

パーマカルチャーは田舎の農園のためにあるわけじゃなく、都市の交差点のデザインだったり、家のベランダでの野菜を育てるのにだって、活用できる。

多くの人のさまざまな取り組みが、いまの世界で少しずつ共有されて、実践されている。

そこでパーマカルチャーを提唱しているってことなんだ。

海宙工房 の目的

それで、海宙 みそらって、ぶっちゃけ何したいの?
何するの?

パーマカルチャーファームを創る

「パーマカルチャーファームを創り、誰もがパーマカルチャーを学びたいと思ったら学べる場所を創ること。」

これが最終的な目的で、フォレストガーデンや、クラスルーム、宿泊施設、カフェなどがひとつの場所にあるイメージだ。

場所も決まっていないし、現時点では誰が聞いても夢物語だが、話をするととってもいいと共感してくれる人はいっぱいいる。 これから、きっとさらに増えてくるって思う。

とうぜん、場所が決まっても一人じゃ何十年かかっても実現しない。 
仲間と場所探し、とにかく一番大切なのは、想いを共有する仲間だって思ってる。

パーマカルチャーをとおして幸せになること!

とにかく、大切なのはココ、しあわせになること、しあわせを感じること。
歓びを生きること。

幸せになるというのは、他人と比べないこと、自分も大切にすること、自分を好きになること
自分の内側と繋がること。
それが平和になり、他人にも優しくなれる。

日々の食べ物を変えることが最初のステップになると思う。
できるだけ菜食 ベジにしてみる。食事の量を減らす、地のものを食べるなど。
そして睡眠も意識的にしてみる。

ヨガや瞑想は自分の心を調和をとるのにいいと思うし、
自分はNVC 共感コミュニケーションが自分の内側を観察して繋がることにとても適しているって感じた。
そして、サーフィンもそうであるって思っている。

自然のリズムと共生していきること。
それは、星の動きを気にして暮らしにいれることもあると思う。
女性の身体が月の動きのリズムで生理があるように、
実は男性も星を気にすると、星の動きは身体に影響があると感じる。
太陽と月の位置関係、他の惑星の動きも感じるとさらに変わるんじゃないかな。

海宙パーマカルチャープロジェクト

海宙パーマカルチャープロジェクトはパーマカルチャー的な暮らしをとおして
自分の内側の宇宙と繋がり、地球と宇宙と調和してって、結果ハッピーって感じです。

いままでのエコロジーのように、買い物袋を持つ、ビーチクリーンに参加、マイ箸を持つ
節電をするなどは、とっても大切であるが、外側の行動だけでなく内側を変えるっていうことです。

ひとつひとつの行動を有機的に繋げたいって思っています。

それらが、最終的には、海を綺麗にする!とか繋がっていったら最高にハッピーです。
そして、これを自分の仕事 志事に幸事にしたいと考えています。

仕事は日本銀行券やドルなどの通貨や紙幣でおいくら万円です!ではなく
与え合いの経済、ギフトエコノミー、贈与経済、金銭による交換だけでなく
物でだったり、マッサージとか労働だったり、音楽を奏でるんだったり、あるいは今は何もできないから
出来る時に他の人に返すことでめぐり、めぐったり、そんな愛のある交換をベースにしたいです。

物質循環ではなく、宇宙のリズムでの循環を!

ここまで、読んでいただいたあなたに宇宙の愛が届きますように、心から祈りとエネルギーを送らさせていただきます。

facebookページもあります。海宙LabFacebookページ。

問合せは、下記のフォームからお気軽に。
メールは見るのが遅いときがあるので、TwitterのDMのほうが返事はやい可能性ある。
@atsusurf

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。