ヨガインストラクターは全米ヨガアライアンス RYT200は必要なのか?

ヨガインストラクターは全米ヨガアライアンス RYT200は必要なのか?
LINEで送る
Pocket

インドのリシケシのアシュラムでTTC(Teacher Training Course)を受けてRYT200(Registered Yoga Teache)を修了したんだけど、ぶっちゃけたったの200時間のトレーニングで先生になって教えるなんて出来るのかと受講前はかなり疑問に思っていた。

ヨガのインストラクターという資格について書いてみたい。

世の中の資格というものが、元々が師匠が弟子に、はい、あなた免許皆伝みたいな感じだったんだろうが、それだとなんだか一定の質が保てないとか、自分で勝手に先生を名乗ったりとかやりたい放題できちゃうんで、現代では多くの資格が何かルールを決めて、どっかの団体が統括したりしている。

ヨガの世界もその例のとおりで、ヨガインストラクター ヨガの先生の資格といえば、世界でもっともポピュラーなのは、全米ヨガアライアンス認定のインストラクターの資格 RYT200(Registered Yoga Teache)、RYT500だ。それぞれ200時間と500時間のトレーニングを行う。RYT500はRYT200+RYT300で500である。

全米ヨガアライアンスホームページ:https://www.yogaalliance.org/

全米ヨガアライアンスとは何か? 

そもそも「全米ヨガアライアンス」とは、質の高いヨガインストラクターや教育者を養成することを目的に、カリキュラム基準を定めたり、認定ヨガ指導者などの登録を行う非営利団体、民間団体。

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)は、1999年に2つのヨガ団体が合併してできた アメリカにある非営利団体。まだ設立20年とヨガの歴史が3000年とか5000年とか言われるなかで、ひよっこのように新しいけど、世界で最も知られたヨガの国際的な組織である。 

そもそも国際的な組織が必要なのかというのもある。 

RYT200とかRYT500というのは全米ヨガアライアンスの認定校(RYS: Registrated Yoga School)として登録されたスクールのヨガインストラクター養成コース(TTCと言われている)を修了後に、全米ヨガアライアンスに登録することができる。TTCを修了して資格を取ったという表現は正確ではなく、全米ヨガアライアンスに登録してRYT200とかを使うことが出来るということだ。

世界でも知名度が高く、「全米ヨガアライアンス」認定のインストラクターは、日本国内だけでなく、世界各国で通用するスキルとして証明できる資格と言われている。

RYT200の200時間のトレーニングで本当にヨガを教えられるのか?

RYT200を修了して、実際にヨガを教えることが出来るのかが気になるところだと思うけど、自分が学んだ学んだTTCは一ヶ所だけで、その経験からだと最低限必要な知識やスキルは学ぶことが出来る。

アーサナだけでなく、プラーナヤマ、メディテーション、ヨガ哲学、カルマヨガ、浄化法、マントラ、学べることはいっぱいある。

でも、すぐ教えられるかは教えられる人もいるし、できない人もいると思う。 

何年も経験している人もいるし、全くの初心者もいる。 

経験もハタヨガなのかアシュタンガヨガなのかなどもあるし、何も経験していないけど運動をしているのか、していないのか、教えるのが得意、不得意もある。

教えるのに資格は必須ではないし、TTCを修了するのは、ヨガを学ぶなかで本当に一部でしかないって思う。修了したあとも学び続けることが大切だと思う。 

他人に教えることも自らの学びになるし大事だと思う。

TTCで学んだ様子も書いてあるので、ぜひ読んでみて。

インド リシケシでのヨガの旅 アシュラムでのTTC合宿の一ヶ月

全米ヨガアライアンスに登録は必要か?

RYTを修了したら全米ヨガアライアンスに登録が必要なのか? 

教えるのに登録は必要ないので、登録する必要はないじゃないかと思います。

欧米と違って日本では登録する人が少ないようです。 ヨガアライアンスのサイトが英語だというのもあるかもしれない。 

それと登録料が、年会費($65)と、初期登録費用($50)かかります。

安いお金ではないが、ケチるほどの金額でもない。

登録するとメリットは、自分のクラスをヨガアライアンスの認定校とすることが出来る。

登録すると、こんなロゴを使うことが出来る。

しかし、それで生徒が集まるわけではない。

日本では多くのヨガインストラクターはRYT200を修了しても登録していない。どこかのスタジオとかに就職する場合も登録している人は少ないようだ。

登録サイトは英語だけど、登録の仕方はGoogle先生でぐぐレば出てくるので難しくない。

「ヨガアライアンス 登録」とかで検索の、検索結果

将来、自分で先生を教える先生になろうと思ったら、登録しておいた方が良いと思う。

E-RYT200というのがある。登録の条件がある。 

登録するか迷っていたら、とりあえず修了書はとっておくか写真をとって保存しておこう。

ヨガアライアンスの登録で必要なのは、登録料と修了証を画像を撮ってアップロードする必要がある。 それと修了した学校にヨガアライアンスから確認がいって正式に登録となる。

ヨガを教えていないけど、とりあえず試しに登録してみた。

登録時に、修了した学校のレビューが書ける。 

登録料払った以外に何も変わらない。 

いずれ、RYT300を受けてみようと思っている。 

その為に必要なのはヨガを継続すること。

 

ヨガの道は続く。

ブログ書いたら、肩凝った。 

アーサナして、メディテーションして静かな時間をとろう。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

こどものころから海が好きで海と大地と身体と心が感じるまま生きること。 サーフィンとYogaが好き。  NVC 非暴力コミュニケーションなどのワークショップを開催。 屋号は海宙(みそら)

ヨーガカテゴリの最新記事