旅行記

ヒンズー教の聖地ハリドワールのプージャ

LINEで送る
Pocket

ヨガ アシュラムでの31日を終えて、アシュラムで出会った女子3人とリシケシの隣街のハリドワールにむかう。

インド リシケシでのヨガの旅 アシュラムでのTTC合宿の一ヶ月

トゥクトゥクのなかで、4人それぞれの思いがしばらくサイレントが続き、天気の回復と共に次の旅へ笑顔に戻っていく。

リシケシがヨーガの聖地ならハリドワールはヒンズーの聖地。 

リシケシからは車で約1時間の距離。

全員が初めての場所。

ハリドワールに行った目的はプージャ

ガンガー(ガンジス)で行われるプージャが見応えがあるという。

プージャとはヒンズー教の祈りの儀式で毎日、日没の時間にガンガーで行われる。

アシュラムでの初日の儀式もプージャと言ってたなあって思ったがプージャをアルティとも言うらしい。同じ意味だったのか。

アシュラムからリキシャで30分ちょっとくらいで着いた。

時間測っていないけどリシケシに行くより近かったかもしれない。

ガンガーの感じもリシケシとは違う。

TUKTUKを降りて少し歩いて、ガンガーを橋を渡ると露天が並ぶ。

アメ横に来たみたいだと思うのは日本人感覚。

カオスな感じと、人のエネルギーのイキイキさと、人がいる様々な音や情報量が一気に入ってくる。一ヶ月の静けさが一気に日常の人の暮らしに戻っていく。陰から陽そんな感じ。

ハリドワールでは日本人どころか欧米人らしい人たちは1組見たくらいで観光地というより、ヒンズーの土地って感じだった。

物価を安いようで、同じものがリシケシの街より安かった。

屋台もいっぱい出ていて、サモサとか美味しそうなものがいっぱい。

せっかくなので、試してみる。 

ハリドワールもヒンズーなのでベジ。

写真のごはん、スパイシーだが、めっちゃ美味しかった。

どなたか名前わかる人いないかな?

八百屋さんがいい感じだったのでパシャりと一枚。

ハリドワールは牛は少なかったが、いることはいた。

 

久しぶりに出た街は、気持ちが疲れてカフェで、のんびりしたあとにご飯。

ハリドワールでご飯は、もちろんカレーで、もちろんベジタリアンご飯。

下の写真の右上の唐辛子とアチャールはめっちゃ辛かった。

カレーは美味しかったが、アシュラムのご飯のように優しくなかった。

 

旅の目的のプージャまで、時間があったので、チャイを飲んでブレイク。

休んでばっかりか。

久しぶりの下界で休息が必要だよ。

 

プージャへガンガーに少しずつ人が増えていく。

沐浴している人もいました。

暗くなったら、どこから人が集まったのかというくらいのすごい人に。

ろうそくに火がついて流れていたり、花が流れていたり。

 

写真を撮る人もいっぱい。ほとんどセルフィー。

セルフィー一緒に撮ろうって知らない人に言われたり、寄付を求められたり。

とにかく、ガンガーでのインドの人たちのパワー エネルギーに圧倒された。

ハリドワール来てよかった。

プージャを見たあとにTUKTUK にて、アシュラムに荷物を取りに戻って、リシケシの街へ。

 

インド リシケシでアーユルヴェーダの診断を受けてみた 

リシケシでヨガのドロップインクラスを受ける

インド リシケシのベジタリアンご飯がどこも美味しすぎた。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙(みそら)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャー。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってNVCやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索