Social Change

マネーパイル Money Pile お金を山分けするワーク知っている?

IMG_0829
LINEで送る
Pocket

マネーパイル (Money Pile) と言うのを知っている? 
経験した事あるって人はどれだけいるだろうか?

名前の通り、お金の山分け。
今年、初めてマネーパイルなるものを聞いて、先日のやんばるトリップではじめて経験した。

とてもディープで、まだ消化できていないんだけど、ギフトエコロジーの実践を分かちあうワークだった。

通常はイベントなどでは、講師の費用とかスタッフの日当とか決まっていたりするのが一般的だと思う。
市民活動などでは、スタッフはボランティアで、手弁当が当たり前の世界も多い。

簡単に書くとドネーションなどで、集まったお金(ドネーションじゃなく、参加費や販売したお金でもいい)をテーブルに置いて
関係者が集まって、誰にいくらあげたい、自分はいくら欲しいって話して分け合う。

打ち合わせにかかった費用、交通費、何か仕入れたお金、場所代とか、費用を引いて
残ったお金を分けるんだけど、誰かにドネーションしたいって、自分の持っているお金を財布から出して
そこに入れるのもオッケーだ。
もらうだけでなくて、与えてもいい。

通常は、そこに多く時間を使ったり、特別なスキルがあって、その場に貢献した人が多くもらえるべしって
考えがちだが、そんなルールはない。
頑張ってた、あの人に、いっぱいもらって欲しいとか、自分は収益に貢献したから、こんだけ欲しいって言うのも自由。

今、生活が大変だから多く欲しいとか、結婚したのでお祝いで、お金をあげるなんてのもオッケーだ。

その場にいる人が、自分を含めて、どんだけ気持ちよくなるか、お金を分け合うワーク。
その場にいる人って書いたが、その場にいない人のためでもいい。

参加者の一人の将来の夢の原資のために渡したいなんてのも、アリなんだ。

マネーパイル これは、一つの希望になるかもしれない。
人が惜しみなく他人に与える機会になる。
誰もが与えて、受け取る事ができる。

今後やっていきたいって思うが、やるためにはギフトを実践する仲間がいる。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*