コラム

トランプ新大統領で思うこと。不安や恐怖ではなく歓びに生きること。

Donald John Trump
LINEで送る
Pocket

この話題、書こうか書くまいか、思ったが、やっぱり書くことにした。
アメリカの大統領がまさかのトランプ大統領に決まった話。
民主党がサンダースじゃなくて、ヒラリー・クリントンになって
ヒラリーのメール問題とか、健康不安とか、いろいろ出てきて、影武者説まで出て来たりで
これはトランプになるのではって気がしていた。

トランプ氏の大統領選での当選確定で、世界は大混乱になっているように見える。
見えるんじゃなくて、実際に混乱していると思う。

アメリカの中流階級や貧困層の怒りがトランプの票に繋がったとか、そういうのもあるだろうが、なんだか今回の大統領選を見て感じたのは、世界の「不安」ってものだ。

株価が下がったり、上がったり、トランプ大統領で世界は終わりだとか、やってくるかわからない
未来の不安に溢れている。

そもそも、ヒラリー・クリントンのほうがマシだったのか?
グローバリゼーションの1%の支配者の代理人であるヒラリーこそ悪だって意見もあるが、真実はどうなのだろうか?

トランプ大統領はTPPをやらないといっているので、日本もTPPに加入しないですむかもしれないなんて話もある。
最悪の大悪人だって感じで書いていたり、実はいい奴なんじゃないかって話とか、いろいろある。

トランプもヒラリーも、言ってることは「不安」。経済が悪くなるとか不安を煽っているって思う。
いまのオバマ大統領だってそうだ。
チェンジと叫んでいたオバマ大統領で何がチェンジしたのか、彼も結局世界の富める人のための政治だったのではないか。

そして日本だって同じことだ。電力が不足して停電になるとか、経済が悪くなるとか不安を煽って原発を稼働させようとしているわけだし、中国が攻めてくるとか中国人は悪いやつだって不安を煽って基地をつくって軍事を増強させようとする。
不安は言い出せばいくらでもある。

ぼくたちは、子どものころから、ひたすら脳に不安を植え付けられている。
勉強しないととか進学しなきゃとか、結婚しないととか、お金がなきゃとか、こうじゃなきゃダメで不幸になってしまうという不安。
不安という眼鏡をかけて生きているって感じだ。
テレビや新聞だって、悪いニュースが溢れいるし、まるで他人の欠点を探しているようだ。
ぼくは10年くらい前からテレビを見るのを辞めて、たまにテレビを観ると、消費するための広告にしか見えない。

こんなこと書いていると自分が不安人間になってしまいそうだが、生きるためにしなくちゃいけないことなんて実はそんなに多くはない。

ぼくたちは不安になりたくて生きているんじゃなくて、求めているのは安心して暮らしたいとか、心の平穏とかそっちのほうじゃないかな。

政治っていうのは、ぼくたちの生活に関わっているとっても大切なもんだけど、ぼくは不安を煽るな、あなたはどんな世界が見たいんだって言いたい。
美しい国なんて言葉はいらなくて、この地球はつねに美しくて、ぼくらが思っているよりはるかに壮大なエネルギーで、いつも与えてくれている。

地球はお金もサインも投票も要求しないし、法もない。
ただただ、つねにエネルギーが回っているんだ。

ぼくは、愛や優しさに溢れた世界を見たい。

そして、不安や恐怖の言葉ではなく、歓びを生きる世界でありたい。

生きているって素晴らしいんだ、人や自然とのつながりって素晴らしいんだ。

そう思ってブログも書いているんだ。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*