波乗り

防水防塵デジカメ2016年 サーフィン中に使うには!

海
LINEで送る
Pocket

 防水、防塵のデジカメで、コンデジで3万円前後の商品を調べてみた。

サーフィンしていて、波待ちのときに潜ったりしていて、南の島暮らしなので
珊瑚や熱帯の魚の写真を撮りたいと思って、どのデジカメがいいかな
調べてみようと思った。 

もちろん、友達のサーフィン中のライディング写真を撮ってあげることもできる。

富士フイルム FinePix XP90

 
有効画素数 1640万画素
撮像素子サイズ 1/2.3 正方画素CMOS
 広角側の明るさ:F3.9
 光学ズーム: 5倍
 焦点距離 :28mm~140mm
 手ぶれ補正:CMOS光学式補正
 大きさ:109.6x71x27.8 mm
 重さ:約203g

 防水性能:15メートル(IPX8相当)
 防塵性能:IP68準拠
 耐衝撃性:高さ1.75m
 耐寒性能:マイナス10度

「15m防水」「1.75m耐衝撃構造」「-10℃耐寒」「防塵」、これで税込み22、000円で買えるのはコストパフォーマンスではかなり安いと思う。

 

富士フイルム FinePix XP90 ブルー
価格:21579円(税込、送料別)

 

RICOH 防水カメラ WG-5 GPS

有効画素数:約1600万画素
撮像素子:1/2.3型CMOS
 広角側の明るさ:F2.0
 画素数:1600万画素
 光学ズーム: 4倍
焦点距離:4.5~18mm(35ミリ判換算で約25~100mm相当 
 手ぶれ補正:光学+電子式補正
 大きさ:約125×64.5×32mm
 重さ:約239g

 防水性能:14メートル(IPX8相当)
 防塵性能:IPX8、JIS保護等級8相当に準拠
 耐衝撃性:高さ2.2m
 耐寒性能:マイナス10度
 GPS機能:搭載

G-Shock系のハードな感じのデジカメ。
ハード系のデザインはこのみが別れるところ。
GPS対応、「気圧・高度/水深計」「方位計」がついている。
これらの機能が必要であれば買いだと思う。
ぼくとしては、あまり必要ない気がするが。
光学ズームが4倍と他が5倍なので、少しおとるのが欠点。

 

OLYMPUS デジタルカメラ TG-870

 有効画素数:約1600万画素
撮像素子:1/2.3型CMOS
 光学ズーム: 5 倍
 焦点距離 :21mm~105mm
 手ぶれ補正:光学式補正
 大きさ:109.9 × 64.1 × 27.6
 重さ:約224g

 防水性能:15メートル(IPX8相当)
 防塵性能:IP6X相当
 耐衝撃性:高さ2.1m /100kgf
 耐寒性能:マイナス10度
 GPS機能:搭載

スタイリッシュなデザインが個人てきには好みのデザイン。
RICOH 防水カメラ WG-5と同じくらいの価格。
ぼくとしては、こちらのほうが好きなデザイン。
防水、防塵機能もかなりいい。

ニコン・COOLPIX AW130

 撮像素子:1/2.3型CMOS (裏面照射型)
 広角側の明るさ:F2.8
 画素数:1600万画素
 光学ズーム: 5倍
 焦点距離 :24mm~120mm
 付加機能:
 手ぶれ補正:光学式補正
 大きさ:110.4× 66.0mm × 26.8mm
 重さ:約221g

 防水性能:30メートル(IPX8相当)
 防塵性能:IP6X相当
 耐衝撃性:高さ2.1m /100kgf
 耐寒性能:マイナス10度
 GPS機能:搭載

個人てきな好みでNIKONが好きで、それを置いておいても同価格の防水デジカメでは
これが個人てきには好み。
水深30メートルと最強。
シュノーケルでも、数メートルくらいしか潜らないし、30メートル必要ないかもですが。

【あす楽】 ニコン COOLPIX AW130BL ブルー
価格:32020円(税込、送料無料)

防水・防塵デジカメまとめ

今のところ、ぼくが買うなら、ニコン・COOLPIX AW130がいいかなって思う。

ただ写真は他人は撮れるけど自分は撮りにくい。

乗っていて自分は無理ですね。

ブログに石垣島の透明度の高い写真をいっぱい載せられると読者に喜んでもらえそうな気はする。

自分の写真や動画ならGO PROかなあって思う。

防水防塵デジカメを購入したら、またブログでレポートします。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*