サステナブル

今こそ支援したい脱原発の市民団体を7つ紹介します!

th_P1020439
LINEで送る
Pocket

3.11後、日本では多くの国民が脱原発をのぞみ、実際に原子力発電をひとつも稼働しない原発ゼロで電気も停電することがありませんでしたが、政府はいまだに原子力を推進している。

あきらめずに国民の声を訴えていきたい。

そして、実際に活動をしている現場の団体を支援をしていきたい。

今回、脱原発の活動をしているNGOやNPOなどの市民団体を7つ選びました。

他にもたくさんの団体がありますが、できる範囲でみんなでサポートしていこう。

原子力資料情報室(CNIC)

原子力資料情報室(CNIC)

英語名を「Citizens’ Nuclear Information Center」

日本で脱原発の活動の代表的な団体。
原子力に関する市民の情報センター。
原子力に頼らない社会を実現するために活動している団体で、
日本の原子力政策をチェックしたり政策提言を行っている。

市民科学者として知られる故高木仁三郎さんが代表をしていたことでも知られる。

脱原発を実現を目指すうえで、もっとも信頼が高い団体と言える。

ISEP 環境エネルギー政策研究所

ISEP 環境エネルギー政策研究所

3.11後、日本のエネルギー問題のキーパーソンの一人となった飯田哲也さんが代表をしているISEP 環境エネルギー政策研究所。
英語名は、Institute for Sustainable Energy Policies

脱原発して自然エネルギーへのエネルギーシフトを提案している。
地球温暖化対策やエネルギー問題に取り組み
脱原発後のエネルギー政策の提案や欧州のドイツや、デンマークやスウェーデンなどの北欧のエネルギー事情などについても精通している。

他の脱原発団体とは、一線を画すがチェックしておきたい団体であるといえる。

美浜の会

美浜の会 正式名称は、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会 美浜の会 

名称は、関西圏を中心に原発銀座の福井の若狭の原発への反対運動を中心にしている団体に見えるが
実際は、あらゆる原子力問題に積極的に関わっている。

豊富な情報と知識を持った団体で、関西圏の原子力資料情報室のようでもある。
欧州放射線リスク委員会(ECRR)2010年勧告なども扱う。

三陸の海を放射能から守る岩手の会

青森県の六ヶ所村核燃料再処理工場の稼働、核燃料サイクル計画に反対する岩手県の三
三陸の海を放射能から守る岩手の会

日本の原子力政策の本丸といえる核燃料サイクル問題に取り組み、核廃棄物の問題などの豊富な知識を持っている。
その地道な活動を支援したい。

グリーン・アクション

グリーン・アクション
は水俣病問題などの活動を行っていたアイリーン・スミスさんが代表の団体。
ここの活動は他の反原発や脱原発の団体とは違い、海外の原子力や核の問題を日本に伝えたり
日本の問題を海外に伝えるなど行っている。

エッジ、境界線のような活動で、
独自の活動だが、とても大切な立ち位置をになっていると言える。

国際環境NGO グリーンピースジャパン

おそらく日本でもっとも有名は市民団体といえるグリーンピースの日本支部。
グリーンピースジャパン

日本では過激な団体というイメージの人が多いが、実際は非暴力での活動である。
海外の団体で、放射能調査を行うなど市民の役に立っている。
政府ができない、やらないことをやってくれていると言える。

あまり知られていないが、地方の市民団体のサポートもしてくれる。

NGOや市民団体のための効果的なキャンペーンの行い方などの勉強会をやってくれたこともありました。

支援したい団体のひとつといえる。

FoE Japan

FOE Japanは、地球規模での環境問題に取り組む国際環境NGO Friends of the Earth Internationalの日本支部。
3.11後、福島原発の被災者の支援や脱原発活動を積極的に行っている。

この取り組みは、多くの人を支援して勇気をもらった人も多いだろう。

こちらももっとも支援したい団体のひとつです。

その他

上にあげた団体以外にも脱原発の活動をしている団体は大小たくさんあり
様々な活動がある。
とくに原発の立地地域には、原発に反対する団体があるので、住まいから近い地域に脱原発の活動をしている団体をチェックしてできる範囲で協力ができたら素晴らしいです。

脱原発への道はまだ時間がかかるかもしれないけど、粘り強く実現していこう。

下記の記事も読んでみてください。

今さら聞けない?放射能のこと内部ひばくって何?

国際原子力ロビーとエートス・プロジェクト チェルノブイリから福島へ

地震があっても、まだ川内原発を稼働させているの? 安全性は?

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*