反原発デモだけでなくデモに参加することは自分の意志を表現する手段

コラム

デモ(Demo) デモンストレーションの略。
デモというと過激な人たちが参加するようなイメージがあったが
東日本大震災による東京電力の福島第一原子力発電所の事故から、日本のあちこちで反原発デモが行なわれ、原発反対の意思表示だけでなく、大小様々なデモが行われるようになった。

今や学生もやっているし、誰でも自分たちでデモをやれる。

デモに初参加したときのこと


自分が初めて参加したのは、
2007年の11月、日比谷や銀座の街をサーフボードを持ってデモに参加した。

日比谷の野外音楽堂で開催された「NO NUKES MORE HEARTS ストップ再処理 パーティー&パレード」
プルトニウム 角砂糖5個分で日本全滅。という少し過激なタイトルのイベント。
先日も少し書いた青森県のプルトニウム製造工場の六ヶ所核燃料再処理工場の稼働に反対するデモだった。
サーフライダー・ファウンデーション・ジャパンで再処理工場の稼働により海に放射能(放射性物質)を廃棄することに反対する署名を集めはじめてから、古くから再処理工場や原子力発電に反対する人たちと出会い交流する機会が増えた。
そんななかで、自分たちの気持ちを伝える機会だった。
ステージでは、プロサーファーでJPSAのロングボードのグランドチャンピオンだったディビット木下が、みんなを代表してトークを行った。

街にでて歩くときは、右翼団体の街宣車が出ていたり、少し物々しい雰囲気もあった。

そのときは、イベントで動画作成のためのインタビューを担当していて、デモで歩いていたら、参議院議員の川田龍平さんが参加していて、インタビューを受けてくれた。
その後、川田さんが署名提出の際など、経産省などにレクをしてくれるなど協力してくれた。

デモに初参加は少しビビッていたが、一回経験したらなんてことはなかった。

2回目以降のデモへの参加


P1110155
PA030891

その後も、みんなで大きなイベントでのデモに何回か参加したり、毎月やっていた渋谷でのデモにも何度か参加した。
渋谷は少人数で道路の真ん中歩けるし、警官がガードしてくれているし、けっこう快感だった。

それから遠方では仙台で開催された再処理反対のイベント後のデモに参加したこともあった。
仙台の商店街のアーケードでは鳴り物が響いていて新鮮だった。
向こうでも何人かサーファーの参加もあった。

P1120842

何回かやると楽しみ方も慣れてきて、小さな楽器持って音だしたりとかもした。
デモの前に貝殻とか海のものでアクセサリーや楽器作るワークショップをやったりもした。

それでも、自分でデモを企画してやろうって、考えは少しも湧くことはなかった。

デモを自分たちで企画して実際にやってみた話

自分でデモを企画してやろうって、考えは少しも湧くことはなかったと書いたが、
それは、引っくり返って自分たちで企画して行うことになる。

2011年3月11日の震災から約2週間後、鎌倉山にナワール・ガーデンという小さなパーマカルチャーガーデンあって、そこの家で地域で市民活動を行っている仲間が数人集まり、映画のDVDを観た。
ほとんど顔なじみだったが、初めて話した人もいた。
そのときの映画はチェルノブイリ原発事故関連の映画だった。

いろんな映画を観すぎていて、そのとき観た映画がなんだったのか覚えていない。
そういう映画を観たら何かアクションを起こしたくなるのが人ってもんか、
誰かがデモをやりたいって言った。
デモをやりたいって言葉に共感したけど、このときはまだやるとは思わなかった。

そのときに高円寺で面白いデモをやっている人たちがいるって知った。
高円寺で素人の乱5号店というリサイクルショップを経営している松本さんという人が、軽トラにちゃぶ台乗っけてデモやったりしていた。
それをYoutubeに動画があって観たら面白そうで、やってみたいって思った。

この松本さん、「貧乏人の逆襲」なんて本を出している。
この数ヶ月後に新宿でやったデモに参加したときに一回だけ話したことがある。

この素人の乱の人たちが、なんちゃらバーっていうのをやっているって話から
鎌倉でいつもお世話になっていたソンベカフェのオーナーが「あっちゃんバー」やろうって
言って、もらってきたという高そうなウイスキー出してきて。オーナーのうじさんはお酒飲まないが、自分が一緒に活動していた女子たちに「あっちゃんバー」はロック専門とか言って
ソンベカフェのデッキでロックで宴会やったことあった。
次の日は、二日酔いバリバリだった。

話が脱線したが、元に戻って
みんなのテンションが上がったのかデモをやるのが決定して、いろいろ役割分担してチラシ作ったり、警察に申請したりして10日後くらいには鎌倉でデモを行った。

ちなみにデモという言い方ではなく、パレードという言い方を使った。
イマジン 原発のない未来 鎌倉パレードという名前でデモをやった。
自分は文章担当だった。

原子力発電所の事故っていうのは、とっても不幸な出来事ではあるが、
みんなの未来を繋げたいって思いが、短期間でパレードを行うというミラクルを起こした。
参加者は400人くらいと多くなかったし、全員が初めての企画で、まずい部分も多々あって反省もあったが、動けば変わるというのを実感した。

デモをやってみた感想とまとめ

想像が創造を産んだんだ。
動けば何かが変わる。

イマジン 原発のない未来 鎌倉パレードは数回パレードをやったが
毎回200人から400人くらいだった。
しかし、鎌倉だけでなく藤沢にもイマジン藤沢というグループできたりで
活動は拡がった。
ちなみに一緒に活動していた女子たちは、今はイマジン盆踊り部をつくり盆踊りで平和を育てている。
クラウド・ファウンディングでお金を集めてCDも作っている。
CDはamazonでは多分売っていないので、欲しい人は鎌倉で聞いてみてください。

このあと、国会を取り囲むデモをやりたいって話もしていたが、
自分たちは企画しなかったが、それは現実になった。

東京での国会周辺のデモにも何回か参加したが、今は南の島暮らしで
参加することがないが、都合がつけば沖縄本島に駆けつけたい。

デモをやることは目的ではなく、平和な世界を創造することなので
平和へ一歩一歩できることをやっていこう。

デモをやりたいと思ったら、アクションしてみよう。
公共の場所は届け出が必要な場合もあるので、確認してみてください。

核燃料再処理工場のある青森県六ヶ所村へ行った話

コメント

タイトルとURLをコピーしました