コラム

サーフィン・ジャンキーだったかもしれない!

GAP
LINEで送る
Pocket

自分はもしかしたらサーフィン・ジャンキーだったのかもしれないと思った。

世の中には、アルコールとか麻薬とか、セックスとかに中毒 ジャンキーになる人がいる。

そしてサーファーもよくサーフィン・ジャンキーとかサーフィンきちがいとか言う。

自分は違うと思っていた。

しかし、

波がないとイライラして、いつ波が上がるか天気図ばっかり見ていた。
波があっても、サーフィンできないとイライラしていた。
なんか、仕事はやく帰ってサーフィンできないかとか考えていた。
人がサーフィンした話を聞くと心のなかでムカついていた。

そして、もちろん波があったら早朝、仕事前にサーフィンしていた。
休日は波が上がりそうだったら、毎日何度も波チェックに行ってた。
地形がいいところ、人が少なそうなところのチェックが怠らなかった。

サーフィンできなくても波情報も毎日チェックしていた。

いつも、どこにサーフトリップに行くか考えていた。

サーフィンが上手でもないのに、サーフボードのサイズやデザインにこだわっていた。

朝一、サーフィンしたいから飲み会は断るようになった。

書けば、書くほど自分でもキチガイな気がする。

でもでも、波乗りをやるようになってよかったことはいっぱいある。

・朝型生活で健康的な生活になった。

・日焼けに強くなった。 
 ただたんに日焼けすすぎかもしれない。

・天気図を読むのが得意になった。

・体力に自信を持つようになった。
 逆に身体壊すこともあるけど。

・自然を大切にするようになった。
 海からエネルギーもらっているから、自然を大切にするようになった。

・環境問題に関心を持つようになった。
 最初はビーチに落ちているゴミを拾いはじめ、気候変動とかエネルギー問題とか食のこととか気にするようになった。
 サーフィンの神様 ケリー・スレイター先生は環境問題にも熱心だ。

・いろんなところを旅するようになった。
 
・いろんな地域に友達ができた。

ほんとうに心から、いいことだらけ。
いいこと、いっぱいじゃん。

そして、最後に何よりも

海に入っていると、波乗りすると
自然のなかで、エネルギーをいっぱいもらう。
エネルギーをチャージして元気になれる。

人にも優しくなれるって思う。

感謝だね。

ありがとう。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
atsushi

atsushi

海宙工房(みそらこうぼう)主宰。 旅の途中で南の島生活3年目。 パーマカルチャーデザイナー。 地方で仕事創りはじめました。 波があったら、サーフィン。 畑やって瞑想して、ヨガやってドローイングアートを描いています。 ときおり詩も書きます。

サイト内検索

コメントを残す

*